インターネット・ポケットWiFiの即日開通

自宅にインターネット回線を引くには何を選べばいい?

投稿日:

一口にインターネット回線と言っても最近ではかなりの種類があります。
自宅でインターネットを利用するためにはどんな回線を使えばいいのか。

その人の生活環境や使い方にあったインターネット回線の選び方を考えてみます。

自宅で使えるインターネット回線は大まかに2種類ある

かなり大雑把な分け方をすると、自宅で使えるインターネット回線には
2種類あります。

1つは光回線など実際に接続する回線を設置して使う固定回線。
もう1つはスマホなど電波を使った回線を使うモバイル通信。

この固定回線とモバイル通信にもさらに種類があるので、現在ではかなり多くの
インターネット回線を使えるという状況なのですが・・・

それぞれの回線の特徴によっておすすめできる使い方なども変わってきます。
それは使い方や生活習慣によって使いやすい回線の種類も変わるということです。

まずは回線の種類をそれぞれ確認してみることにしましょう。

固定回線は実際にインターネットに使う回線を設置して使うインターネット接続方法

固定回線と言われる接続方法では実際にインターネット接続につかう回線を自宅などに
設置している回線のことです。

基本的には回線の設置工事が必要ですが、すでに設置されている回線をつかう方法もあり
住居の状態によって回線設置工事の内容が変わるという特徴もあります。

一般的には回線の安定性が高く、通信速度も高速通信ができる可能性が高いです。
では固定回線の細かな種類を確認してみましょう。

光回線は光ファイバーケーブルを使った専用回線

最近の主流になっているのは光回線と言われる固定回線です。
光ファイバーケーブルを使ってインターネットに接続する回線です。

この光ファイバーケーブルはインターネット専用の回線です。
他の通信と併用していないので通信が安定しているという特徴があります。

具体的にはフレッツ光やNURO光、auひかりなどのサービスが光回線です。
最近ではかなり対応地域も広く、多くの人が実際に利用しています。

他の通信方法と一緒にされないので通信ノイズが入りにくく、通信速度が高い
という特徴もあります。

最高速度は1Gbpsが基本で、最近では2Gbpsや5Gbpsというサービスも提供が
開始され始めています。

ケーブルテレビの回線を使ってインターネット接続ができる

ケーブルテレビの回線を使ってもインターネットへの接続ができます。
実際にケーブルテレビ会社ではインターネット接続サービスを提供しています。

ケーブルテレビの契約をせずにインターネット回線だけの契約もできますが
使っている回線が光回線とは違って元々ケーブルテレビ用に使われている回線です。

回線速度的には光回線よりも最高速度が落ちることが多いようで。
ただし利用できる地域は光回線と同じように全国的にかなり広くなっています。

ケーブルテレビ回線の特徴としては接続業者のプロバイダを選ぶことができず
基本的にケーブルテレビ業者がプロバイダ業務を行います。

そして業者によっては回線速度を選んで契約できるサービスがあります。
100Mプランなら最高速度100Mbpsの通信ができるプランなどです。

地方都市では地域のケーブルテレビ局がインターネットサービスを行うことも多く
契約しやすい地域もあるようです。

ADSLは新規契約できない地域も増えている

電話回線を使った通信回線はパソコン通信の時代から利用されています。
インターネットへの接続も最初は電話回線を使ったものが主流でした。

今でも利用されているのはADSLという回線です。
これは電話回線を使ってインターネットの接続をするサービスです。

以前は固定電話の回線がほとんどの家庭に設置されていたので新しく回線設置工事を
しなくてもインターネットが使えるというメリットが有りました。

ただし現在では固定回線を使っていないという過程も多くなっています。
さらに地域によっては固定電話の回線も光回線に交換されています。

ADSLで使う電話回線はメタル回線というケーブルの種類で、光ケーブルでは
ADSLが使えないのです。

NTTでは地域の電話回線をすべて光回線に交換しているという地方も多く
新しくADSLに加入できないという地域も増えています。

でもプロバイダなどのサービスでは今でもADSLの新規加入受付はあります。
サービスの提供自体はまだ続いています。

電波を使ってインターネットへの接続をするのがモバイル通信

固定回線とは違って専用の回線設置をせず、電波を使って通信をするのがモバイル通信
というインターネット接続回線です。

スマホのインターネット接続を考えてもらうとわかりやすいかと。
これもモバイル通信の1つです。

現在モバイル通信で使われているのはスマホでも使われている4G/LTE回線と
独自の電波を使ったWiMAX2+回線です。

どちらもモバイルWi-Fiルーターと言われる持ち運び可能なWi-Fiルーターを使って
インターネットへの接続ができるというサービスを提供しています。

ではこのモバイルWi-Fiルーターの種類についても確認してみましょう。

LTEを使ったモバイルWi-Fiルーターは安定性が魅力

スマホと同じLTE回線でインターネットに接続するタイプのモバイルWi-Fiルーターが
ポケットWiFiなどの端末です。

他にも大手キャリアが行っているサービスでもLTE回線を使ったモバイルWi-Fiルーター
という端末もあります。

ドコモではXi回線を使ったモバイルWi-Fiルーターの提供を行っていますし
ソフトバンクでも自社回線を使ったモバイルWi-Fiルーターの契約ができます。

そしてソフトバンク回線を使ったネクストモバイルなどのサービスもあります。
これらは全てLTE回線を使って屋外でもインターネット接続が可能な回線です。

スマホで使っている回線と同じものなので、利用できる地域がとても広く電波が
安定して届くというのがLTE回線の特徴です。

室内でも電波が届きやすいので店舗内や地下街などでも安定してインターネットが使える
というのが魅力の回線です。

高速通信ができるWiMAX2+回線

もう1つのモバイルWi-Fiルーターの回線が独自の電波を使っているサービスの
WiMAX2+という回線です。

LTEとは違う電波回線を使っていて、こちらでは高周波数帯の電波を使っています。
ちなみにLTEは低周波数帯の電波です。

高周波数帯の電波は一度にやり取りできるデータ量が多く、短時間で多くのデータが
転送できることが特徴です。

つまり通信速度が速い、というのがWiMAX2+の魅力になります。

ただし利用可能地域に関してはLTEよりもちょっと狭くなってしまいます。
まあLTEとは違う電波を使っているので、アンテナをLTEと共用することはできません。

現在もアンテナの増設は行われているのですが、利用可能地域はまだLTEには
届いていないという現状です。

自宅で使う無線LANルーターとモバイルWi-Fiルーターの違い

ここでちょっと間違って考えている人が多いことについて。
自宅で使う無線LANルーターとモバイルWi-Fiルーターに違いについて確認します。

自宅でインターネットをつかう場合、パソコンなどに直接インターネット回線を
接続してつかうという方法です。

でもこれでは回線1つに1代しかつなぐことができず、他の端末ではネット回線に
つなぐことができなくなります。

そこで回線をルーターという分配器で複数に分けて使うという方法を取ります。
そしてこの分配に無線LANを使うのが無線LANルーターです。

無線LAN規格には色々あるのですが日本国内ではWi-Fiという規格が普及しているので
無線LANとWi-Fiは同じ意味で使われています。

そして無線LANルーターで固定回線を分配することで、スマホをWi-Fi接続で
インターネットに繋ぐことが出来るようになります。

ではモバイルWi-Fiルーターはどうやってインターネットへの接続をするのか。
固定回線の代わりにLTEなど電波回線を使ってネット接続しています。

そしてその電波でつないだインターネット回線をWi-Fiで分配しています。
どちらもWi-Fiは回線を分配するために使っているだけなのです。

最近ではWi-FiスポットなどWi-Fi接続でインターネットが出来る環境も多いので
混乱しやすいのですが、基本的にWi-Fiは回線分配をするための電波です。

自宅の無線LANルーターは固定回線を分配するだけなので外に持ち出しても
インターネットへの接続はできません。

当然無線LANルーターだけ購入してもインターネットへの接続ができません。
他に回線契約をしていることが前提です。

これに対してモバイルWi-Fiルーターは端末自体がスマホのように電波回線で
インターネット接続ができるルーターです。

スマホのようにSIMカードを入れればインターネット接続が出来るので
屋外でもインターネット接続ができる端末です。

それぞれに使い方や機能が違うので間違えないようにしましょう。

光回線の設置工事期間にモバイルWi-Fiルーターをレンタル

光回線は専用の光ファイバーケーブルを設置するための工事が必要です。
特に戸建の場合は設置する場所の下見などもあるので最低でも2週間必要です。

この間にインターネットを使えないというのが不満点ですが、それを解消するために
モバイルWi-Fiルーターをレンタルできるサービスが提供されています。

光回線を提供しているプロバイダの一部と加入代理店の一部が行っているサービスで
プロバイダによってレンタル料金は無料です。

ただし加入代理店によってはレンタル料金が必要になるので、実際にはかなり使いにくい
サービスという印象です。

確かにモバイルWi-Fiルーターなら契約してからすぐにインターネットへの接続ができて
レンタルなら好きな時に返却も出来るのですが・・・

返却は郵送が必要で、その郵送がちょっと大変という場合もあります。
緊急時にどうしても、というときには便利ですがそれ以外では使いにくいと思います。

光回線は使っているキャリアで選ぶ方法がおすすめ

光回線を選ぶ時の基準として、自分が使っているスマホのキャリアで選ぶという方法が
お得になるのでおすすめです。

具体的にはドコモのスマホを使っていればドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光。
そしてauを使っているならauひかりと契約するのがおすすめです。

この中でドコモ光とソフトバンク光はどちらもフレッツ光回線を使ったサービスの
光コラボで提供されています。

ただauひかりはダークファイバーという通常フレッツ光で使われていない光回線を
使って通信を提供する、フレッツ光とは別のサービスになります。

でもこれらの光回線サービスを契約することでスマホの月額料金が割引になる
いわゆるセット割のようなサービスを使うことができます。

元々光コラボはフレッツ光とプロバイダ料金がセットになってお得になるサービスで
それに加えてスマホの月額料金も安くなる可能性があります。

光コラボではないのですがauひかりもフレッツ光とプロバイダの料金と比べれば
月額料金はお得になるはず。

それにauスマホの月額料金割引も使えるのでトータルの通信料金をお得にできる
というメリットがあります。

光回線の選択に迷っているなら、まずは使っているスマホのキャリアで選ぶのが
私のおすすめです。

光回線を契約する時に注意することは建物によって変わる

実際に固定回線を契約する場合、特に光回線を契約するときにはどんなことに
注意する必要があるのか。

まあ色々と注意点はあるのですが、それらの注意点は利用する建物の種類によって
変わってくるのです。

具体的にはアパートやマンションなどの集合住宅で契約する場合と、戸建てで契約では
それぞれに注意点が変わるのです。

ではそれぞれどんなことに注意すればいいのか。
それぞれの建物別に確認してみましょう。

戸建ての場合、設置工事に時間がかかる可能性が高い

先程も書いたのですが、戸建ての場合は回線設置工事にかかる時間がかなり長く
平均しても大体1ヶ月位は開通までにかかります。

ただこれは単に平均した時の時間で早くなる場合もあるのですが長くなる場合だと
6ヶ月以上の時間がかかったという人もいました。

これは戸建ての場合、その周辺の電柱などの状況で光回線をその家まで引き込めるか
ということが大きく変わってくるためです。

単純に近くの電柱まで光回線が設置されていて、そこから家まで引き込みが出来るなら
下見の時間も合わせて3週間程度で光回線の開通ができます。

ただ一番近くの電柱がNTTの管轄ではない場合、フレッツ光回線をその電柱に
通すためには電柱を持っている企業の許可が必要になります。

地方電力でも電柱設置はしているので、全ての電柱がNTT所有というわけではありません。
この許可取りに時間がかかることも多いのです。

また電柱が人に家の敷地内に建っている場合も工事の許可を取るのに、その敷地の
責任者の許可が必要になります。

まあ普通人の家の敷地内に勝手に入って、電柱に登って何か作業をするなんて
できないですよねえ・・・

街によっては電線の地中化が進んでいて電柱が無いという場合もあります。
この場合は地中から光回線をだして設置するスペースが住居に必要になります。

最悪の場合は光回線が設置できないということもあるのでまずは回線工事が
出来ることを確認しましょう。

後は工事開始までに時間がかかる可能性も高いので申込みは時間的な余裕を持って
行うようにしましょう。

集合住宅では光回線がすでに設置してあることが条件

次に集合住宅の場合の注意点について確認してみます。
こちらはまず契約したい光回線がすでに設置してあることが条件です。

ブロードバンド回線、ADSLを始めとした高速通信可能なインターネット回線は
基本的に一つの建物に1つしか設置することができません。

つまりアパートやマンションなどの集合住宅の場合、設置されている回線を
住居者全員で分配して使うということになります。

光回線には種類があるので、例えばそのアパートがすでにフレッツ光回線を
設置しているなら住民は全てフレッツ光回線を使うことになります。

光回線を設置しておらずADSLなら住民が光回線を契約することができません。
ADSLをつかうということになります。

そして光回線などは設置しているだけでは使うことができません。
個別に契約して部屋まで開通させることが必要になります。

例えば賃貸マンションで「フレッツ光設置済み」とあれば建物にはフレッツ光が
設置されているので「契約すれば」開通させることができるという意味です。

「インターネット無料」や「フレッツ光開通済み」とあれば入居した時点で
インターネット接続回線が使える状態になっているということです。

集合住宅の場合は使いたい回線が設置されているかを事前に確認する必要があります。

建物内の分配様式で通信速度や危険性が違う

集合住宅では1つの回線を各部屋で分配して使うことになります。
この回線の分配方法にも種類があります。

インターネット回線は一度共有部分にある配線盤などに引き込みをして、そこから
各部屋まで回線を分配して使うという形です。

この共有部分から電話線を使って分配するのがVDSL方式、LAN回線を使うのが
LAN分配方式、光ファイバーケーブルを使うのが光分配方式です。

光分配方式なら引き込んだ光回線と同じものを使っているので、部屋まで分配しても
通信速度が変わることはありません。

ただし部屋の中に回線終端装置のONUという装置を設置する必要があるので
その設置工事に立ち会う必要があります。

VDSLの場合は単純に電話回線とONUをつなぐだけなので基本的に自分で行います。
LAN分配方式は共有部分にONUを設置して、そこからLANで各部屋に分配しています。

どちらも自宅内での装置設置工事がないので基本的に立ち会い工事が必要なく
工事の予定を立てやすいというメリットがあります。

ただしLAN分配方式の場合、建物内が1つまたは複数のルーターによってつながっている
という状態になっています。

企業の社内LANを考えてもらえばわかりやすいのですが、ルーターでつながっている
パソコン同士はお互いに中を見ることが出来るのです。

一応ルーターの設定でお互いの回線の共有、つまり中を見ることが出来るかを
変えることが出来るのですが技術のある人ならのぞき見ができてしまいます。

それに光回線以外を使った分配方式では光回線ほどの通信速度が出せないので
分配した回線速度はどうしても遅くなってしまいます。

特に電話回線をつかうVSDLは速度が遅くなりやすいので注意が必要です。

戸建てと違って月額料金に違いが出る

回線速度や安全性以外の問題点も集合住宅ではあります。
それは月額料金が契約戸数によって変わるということです。

フレッツ光の月額料金で見ると契約戸数が多くなるほど月額料金は安くなります。
NTT東日本のフレッツ光ネクストギガの月額料金を見てみましょう。

ミニと言われる4世帯以上の契約プランなら月額料金は4,250円と戸建てプランと
あまり違わない月額料金になっています。

これが16個以上のプラン2になると月額料金は3,250円と1,000円の違いがあります。
こちらはかなり安く使えるという印象です。

他にもNTT東日本のハイスピードというプランでは集合住宅の分配方式でも
月額料金が変わっています。

小規模なアパートで契約戸数が少ないときには集合住宅でも安くはなりません。
月額料金はちゃんと確認しておきましょう。

集合住宅でauひかりを使うにはすでに回線設置してあることが必要

ダークファイバーを使ったサービスについても注意点を確認してみます。
まずはauひかりの場合、建物に設置してあることが利用できる前提になります。

フレッツ光と同じように建物にauひかり回線が設置していなければ個別に
契約して使う事ができません。

ちなみにフレッツ光が設置してあればauひかりを設置することはできません。
つまり入居時にすでにauひかり回線がある集合住宅がサービス対象です。

一応集合住宅でも戸建てと同じように部屋に直接光回線を引き込んで使う
という方法もあるのですが・・・

この場合は大家か管理会社の許可が必要になるので勝手に契約して回線引き込みを
行うことはできません。

基本的にはauひかりが設置してある建物でのみauひかりに加入できるので
入居前に契約できる光回線の確認をしておきましょう。

NURO光は個別に引き込みなので契約できるが外壁工事に注意

もう1つのダークファイバー回線、NURO光というサービスがあります。
こちらもauひかりと同じ使っていない光回線を使ったサービスです。

でもauひかりと違うのは契約者全てが回線を直接引き込みます。
集合住宅でも近くの電柱から光回線を部屋に引き込む工事をすることになります。

集合住宅でも回線分配をしないので通信速度が戸建てと同じように速いという
メリットが有るのですが、回線引き込みが出来るかは更に難しくなります。

それに電柱の位置によっては壁に光ケーブルを止めなければいけないので
外壁に金具をつける工事が必要になります。

賃貸住宅の場合は外壁に傷をつけることになるので管理会社や大家の許可が
絶対に必要で、傷つけることを禁止されると契約ができなくなります。

電柱の高さとの関係もあって、契約できる階数にも制限があります。
まあそれ以前にNURO光は対応地域がとても狭いのですが。

NURO光の場合は他に回線設置されている集合住宅でも契約できるのですが
外壁工事など管理している人の許可が必要なので注意しましょう。

モバイルWi-Fiルーターは基本的に戸建てと集合住宅で注意点に違いがない

次にモバイルWi-Fiルーターの注意点について考えてみます。
こちらは基本的にどこでも電波の届くところならインターネット接続ができます。

つまり注意するのは電波が端末に届く状況にあるのか?ということなので
あまり戸建てや集合住宅などで違いがありません。

状況によって安定性の変わるモバイルWi-Fiルーターの注意点についてそれぞれ
気をつけることを確認してみます。

鉄筋コンクリートの建物では電波の反射が多く入りにくい

建物の材質、構造による違いですが鉄筋コンクリートの建物は電波の反射が起きやすく
建物内に電波が届きにくくなりやすいです。

直進性の高いLTEの電波でも鉄では反射をして電波が別の方向に行きやすいです。
特に反射しやすいWiMAX2+の電波はかなり厳しい状況です。

木造の場合は電波が反射せずに通り抜けて来やすいので比較的安定した通信ができる
という状態が多いです。

高層階では電波が届きにくい

こちらは特に高層マンションで多くなるのですが、高層階の場合は電波が届きにくく
場合によっては全くインターネットへの接続ができません。

基本的に電波回線のアンテナは高いところから地表に向けているのでアンテナよりも
高いところでは電波が届きにくいのです。

建物内の施設にアンテナを設置している場合は別ですが、屋外にあるアンテナを使うなら
それよりも低いところのほうが電波が安定します。

特にタワーマンションの高層階などとても高い場所では屋外にある電波は
モバイルWi-Fiルーターでは受信できません。

アンテナの設置状況によっては戸建ての3階でも届きにくくなるので、特にマンションの
高層階で使う場合は注意が必要です。

安定した高速通信をしたいなら固定回線がおすすめ

インターネット回線の種類、それぞれの特徴や注意点について調べてみたので今度は
それぞれの回線をおすすめできる人についても考えてみましょう。

まず固定回線の特徴としては通信ノイズが入りにくく安定した高速通信が出来ること。
特に光回線は専用回線なのでかなりの高速通信が期待できます。

設置工事に時間がかかるというデメリットもありますが、回線自体はかなり安定していて
快適にインターネットを使うことができます。

特に高速通信が必要な使い方をする人には固定回線はおすすめです。
例えばネットゲームをする人はやはり光回線の利用者がとても多いです。

多人数同時プレイができるネットゲームでは回線速度がゲームの結果にかなり大きく
影響してきます。

最近では家庭用ゲーム機でもネット対戦ができるゲームは増えているので
これに興味があるなら間違いなく光回線がおすすめです。

それにあまりネットゲームなどはしない、という人でも家族で一度に複数の人が
ネットに接続するならやはり固定回線はおすすめしやすいです。

光回線は特に、一度に多くのデータ通信が出来るので複数人数でネットしても
通信速度が遅くなりにくいです。

ネットの動画配信サービスではテレビに接続して高画質動画を見ることが出来る
というサービスも多くなっています。

大容量の高画質動画を楽しみたいならやはりデータ通信容量を気にする必要がない
固定回線で、高速通信ができる光回線はおすすめしやすいです。

こんな使い方をしたい、という方にはモバイルWi-Fiルーターよりも固定回線
特に光回線をおすすめします。

一人暮らしのライトユーザーにはモバイルWi-Fiルーターがおすすめ

インターネット回線を使うのは一人だけ、しかもあまりハードな使い方はせず
文字がメインのSNSやブラウジングだけというならモバイルWi-Fiルーターで十分。

スマホキャリアのモバイルWi-Fiルーターは月額料金が高いのですが、MVNOなど
安く契約できるモバイルWi-Fiルーターも多くなっています。

例えばネクストモバイルというプロバイダのサービスなら20GB使えるプランが
月額2,760円とかなり安い料金で使えます。

スマホの20GBのデータ定額パックなら月額5,000円はするところですが。
かなりコストパフォーマンスがいいサービスに思えます。

利用可能地域も、LTEに比べると狭いと言われるWiMAX2+でも全国の政令指定都市で
人口カバー率99%と発表されています。

それにLTEを使ったポケットWiFiやネクストモバイルならスマホと同じ地域に
電波が届くので地方都市でも安心してネット接続ができます。

特に一人暮らしで賃貸住宅に住んでいるなら工事が必要な固定回線は使いにくく
回線工事が必要ないモバイルWi-Fiルーターは契約しやすいと思います。

実際に一人暮らしのライトユーザーで賃貸暮らしの人には固定回線を契約せず
モバイルWi-Fiルーターで十分という人も多くなっています。

あまり状況を選ばずにネットができるというのもモバイルWi-Fiルーターを
おすすめしやすいところです。

固定回線は契約内容、モバイルWi-Fiルーターは端末で最高速度が違う

それぞれの回線の特徴などを見てきましたが、通信速度に関してはどうなのでしょうか。
これはそれぞれの回線で速度が変わる状況も違います。

まず固定回線の場合、契約内容によって回線速度が大きく変わります。
特に光回線は以前の契約では下り最速200Mbpsというのが一般的でした。

でも最近ではフレッツ光でギガ回線が提供され、下り1Gbpsというサービスが多くなり
最近ではNURO光の2Gbpsや5Gbpsというサービスも開始されました。

ADSLやケーブルテレビ回線では最高速度によって月額料金が変わります。
プロバイダによっては下り最速8MbpsのADSLなら月額2,000円程度という場合も。

一方のモバイルWi-Fiルーターは同じように契約によっても最高速度は変わるのですが
それ以上に端末による通信速度の違いもあります。

スマホと同じLTE回線をつかうポケットWiFiでは最高速度下り612Mbpsです。
まあこれはキャリアアグリゲーションを使った場合の通信速度ですが。

最新端末で複数の回線を同時に使ってこの通信速度なので、普通の使い方の場合
下り200Mbps程度が一般的な最高速度です。

同じようにWiMAX2+回線でも最新端末では下り最速1.2Gbpsという通信速度です。
ただしこれも最新端末のみでキャリアアグリゲーションを使った場合です。

WiMAX2+では他の端末は平均して下り最速440Mbps程度です。
LTEよりもちょっと最高速度が速いという感じでした。

モバイルWi-Fiルーターもかなり通信速度が速くなっていますが、まだ光回線には
届かないという印象です。

-インターネット・ポケットWiFiの即日開通

Copyright© 即日開通でサクッとネット契約 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.