WIMAX

WiMAX2+端末を契約当日に持ち帰りできる方法はある?

投稿日:

モバイルルーターのWiMAX2+は固定回線と違って回線工事がなく、契約してすぐに
インターネットの接続ができます。

クレジットカードでの月額料金支払いを選べば契約手続きもすぐに終わりますし
選んだプロバイダによっては申込みの即日発送というサービスもあります。

それならばもっと早くインターネット接続ができる、契約当日に持ち帰りができる
という契約方法は無いのでしょうか?

WiMAX2+は店頭での直接契約ができる

WiMAX2+といえば多くのプロバイダからサービスが提供されていて、プロバイダを
選んで契約できるという印象があります。

回線接続代行業者のプロバイダがサービスを行っているので基本的にはネット上から
申込み手続きをするというのが普通です。

でもこの場合は契約手続きが終了してからモバイルルーター端末をプロバイダが発送して
契約者に届けるという時間が必要です。

プロバイダによっては契約手続き完了すれば申込みの当日に端末発送をしてくれる
というところもあるのですが・・・

たとえ即日発送しても最短1日の配達日数がかかるので、インターネット利用が
出来るのは最短翌日ということになります。

契約した当日にインターネット接続をするには契約した当日に端末を受け取る
ということが必要になります。

では契約した当日に端末を受け取るにはどうすればいいのか。
店頭での契約をして端末を受け取るということになります。

ではWiMAX2+は店頭での契約が出来るのか。
店頭申込で当日受け取りができる方法はありました。

家電量販店、auショップ、Broad WiMAXの店頭受取という方法がある

店頭で当日に端末を受け取る方法として考えられるのは3種類の契約方法です。

・ 家電量販店でモバイルルーターの契約コーナーから契約をする
・ auショップでKDDIが提供するWiMAX2+を契約する
・ ネット上からBroad WiMAXの契約をして店頭受取サービスを利用する

WiMAX2+の契約申し込みをした当日に端末を受け取ることができる方法としては
この3つの方法が考えられます。

基本的には全て店頭で端末を手渡しでもらう、ということになりますが。
これなら端末を持ち帰りという方法でもらうことができます。

ただしそれぞれに特徴、というか注意点があります。
あまりおすすめできないという方法も中にはあるのですが・・・

それぞれの持ち帰りができる方法をもう少し詳しく確認してみることにします。

店頭で申込みをしても端末持ち帰りができない場合もある

一応これらの方法なら端末の持ち帰りが出来るのですが、状況によっては持ち帰りが
できないという場合もあります。

それは店頭に希望の端末在庫がない場合です。
特に新製品がでたばかりには端末の在庫がなくなってしまうということも多いです。

希望の端末がなくても、他の端末ならあるという場合も多いのですが多くの場合は
希望する端末が最新型だと思うので他の端末を選ぶメリットはありません。

在庫切れだけはどうしようもないのでどうしてもすぐにインターネットが必要
という状況以外なら素直に諦めることをおすすめします。

家電量販店は多くのモバイルルーターの取り扱いがある

まずは家電量販店でWiMAX2+の契約をした場合について確認してみます。
家電量販店では基本的に月額料金の支払いがクレジットカード限定になります。

申込みから手続完了までは、月額料金支払い方法の確定も含めてかなり早く終わります。
手続きが完了すれば端末を手渡しで受け取ることができます。

当然持ち帰ってすぐに使うことが出来るので、インターネット接続も契約当日にできます。
すぐに使えるという意味ではこれほど早い方法はないと思います。

契約できるモバイルルーター回線もWiMAX2+だけではなく、店舗にもよりますが
ポケットWiFiを取り扱っている店舗も多いです。

対面契約なので店員に質問しながら海鮮を選ぶこともできます。
まあ店員の上手な接客に乗せられてしまうということも考えられますが。

現物を見ることができて、確認しながら契約して端末も持ち帰りができるというのが
家電量販店で契約する場合の大きなメリットだと思います。

お得ではないし当日持ち帰り以外のメリットも無い

では家電量販店で契約する場合のデメリットはないのでしょうか。
私としては家電量販店での契約はデメリットがかなり多いと思います。

まず先程言ったように家電量販店の店員は多くの方に説明をして契約を取る
ということを毎日行っています。

つまり契約を取るための説明が上手でモバイルルーターやWiMAX2+について
詳しくないとつい流されて契約してしまうということも多いのです。

まあ基本的に家電量販店の店員はWiMAX2+やモバイルルーターについて
嘘の説明は行いません。

ただリスクについての説明はほとんどしません。
最悪の場合は自宅で電波が届かずに使えないというリスクの説明もありません。

特にWiMAX2+はスマホに比べて使っている電波の利用可能地域が狭いので
自宅で使った時に電波が届かない、電波の安定性が悪いという可能性もあります。

その可能性の説明もなく「固定回線の代わりに使える」という説明だけをする
という店員もいるのです。

それに基本的に家電量販店ではキャッシュバックなどのキャンペーンが無い
またはその店舗のみ利用できるポイントや商品券でのキャッシュバックになる。

月額料金の割引もないのでネット上の契約に比べてランニングコストが高く
トータルの支払料金も高いということが多いです。

確かに店頭で契約してそのまま端末を持ち帰ることができるというのは魅力的ですが
それ以外に魅力がないというのが正直な感想です。

家電量販店では月額料金が高くなる場合もある

さらに気をつけたいのは家電量販店のキャンペーンではWiMAX2+の月額料金が
高くなる可能性もあるということです。

家電やパソコンなどをWiMAX2+契約と同時に購入すれば最大50,000円値引き
というキャンペーンが一時期多くの家電量販店で行われていました。

確かにこれだけを見るとかなりお得なのですが、この場合のWiMAX2+は特別な
まとめてプラン1670という料金プランが適応されます。

これは月額料金に1,670円を加算して支払うというプランで、結局2年間に
毎月1,670円を分割して支払っているという状態です。

実質1万円弱という割引金額になるだけなので高い家電やパソコンを買った時の
お得感はまるでありません。

それならば高額キャッシュバックをしているプロバイダで契約をして
キャッシュバック金額でパソコンを購入するほうがよほどお得になります。

プロバイダとしてのサポートも店頭では行っていませんので、何かあったときは
結局電話での対応というのも他のプロバイダと同じです。

店頭で契約してもメリットが無いだけではなく月額料金が高くなるリスクがあるので
私は家電量販店での契約はあまりおすすめしません。

系列会社のauショップでもWiMAX2+の契約ができる

WiMAX2+はUQコミュニケーションズという会社が提供している回線を使う
通信サービスで基本的にはどこで契約しても同じWiMAX2+回線を使います。

そしてUQコミュニケーションズはKDDIの系列会社なので、同じ親会社を持つ
auとは同系列の会社ということになります。

そのためにauショップからもWiMAX2+回線を使うモバイルルーターの契約も
出来るのです。

サービス名はWiMAX2+フラット for DATE EXなどの名前になりますが
これはWiMAX2+でいうとギガ放題プランということになります。

名前が違うだけで使っている回線は一緒で、購入できる端末の種類も同じです。
スマホと同じように店頭で契約して端末の持ち帰りができます。

店舗の数で言えば家電量販店よりも多いと思うので契約に出向くなら使いやすいのは
auショップだと思います。

基本的にはスマホショップの店員なのであまりWiMAX2+に詳しくない

契約には使いやすいauショップですが、そこで働いている店員は基本的に
auのスマホを取り扱っているショップの店員です。

同系列の会社の商品ですがWiMAX2+についてはそこまで詳しい人が少なく
質問してもわからないという場合も多いというデメリットがあります。

それにあくまでもauが行っているWiMAX2+のサービスなので他のプロバイダと
比べてしまうとキャンペーンや月額料金などのメリットが無いです。

特に月額料金は割引がないのでとても高く感じます。
家電量販店と比べてもお得感は更にありません。

そもそもauショップでWiMAX2+の契約をする人が少ないのか、端末の在庫は
かなり少ないという意見も多いです。

唯一と言える魅力の端末持ち帰りが在庫切れでできない、という状況もあるので
かなりおすすめしにくいのがauショップでの契約です。

WEBで契約して店頭での受け取りができるBroad WiMAX

他の方法と違って申込み自体はWEBから行って、端末の受け取りを店舗で行う
というサービスをしているのがBroad WiMAXというプロバイダです。

WiMAX2+回線の提供をしているプロバイダの一つで、特徴としては月額料金が
他のプロバイダに比べてとても安いということ。

他のプロバイダにはない初期費用というコストがかかるので、これを無料にする
キャンペーン適応のためにクレジットカード支払いが必須など注意点が多いこと。

そして端末の受け取り方法に郵送だけではなく店舗受取りが出来ることという
特徴が多いプロバイダでもあります。

他のプロバイダと同じく公式サイトやサポートダイヤルから申込みができますが
端末を郵送ではなく店頭受取することができます。

申込時に店頭受取と選べば店頭での受け渡しができる手続きになります。
店舗で端末を受け取ればそのまま持ち帰ることができます。

月額料金割引というメリットが有り、しかも家電量販店のように端末を
当日に持ち帰ることができるというのはかなり魅力的だと思います。

端末受け取りができるのは全国で4店舗

Broad WiMAXの端末受け取りができる店舗はどこの都道府県にもあるのではなく
全国で4箇所にしかありません。

東京都の秋葉原と渋谷、埼玉県の大宮と大阪府の梅田に店舗があります。
ここまで取りにいける人以外は店頭受取が使えないということになります。

まあ電車や車で数時間かかっても行ける、と言うなら使えますがガソリン代や
電車賃に高速料金などコストがかかりすぎると思います。

また店舗には営業時間があり、営業時間終了までに店舗に取りに行くことが必要で
申込み手続き完了から店頭受取可能になるまで最低2時間が必要です。

つまり申込み手続きは最低でも営業終了時間の19時から2時間前、17時には
終わっている必要があります。

さらに店頭受け渡し手続完了のメールを受けてから営業終了までに店舗に行く
ということも必要です。

場所や時間的な制限を考えてもかなり使える人が少ないと思います。
東京23区以外ではかなり厳しいかと。

Broad WiMAX自体も初期費用の問題点がありますし、かなり注意点が多い
という印象です。

当日の持ち帰りがどうしても必要な人以外はおすすめしない

WiMAX2+回線の魅力の1つは契約してすぐにインターネットが使えるということ。
それを最大限に利用するなら確かに契約当日の端末持ち帰りということになります。

ただ契約当日に端末を受け取る方法がかなり厳しく、選択肢も少ないのでどうしても
契約当日にインターネット回線が必要という場合以外におすすめする理由がありません。

例えば大手プロバイダでも契約の翌日から端末発送しているところもあります。
配送地域にもよりますが最短契約の2日後には端末受け取りができます。

契約即日発送をしているプロバイダなら翌日には端末が手元に届きます。
即日発送のプロバイダは店頭受け渡しよりも多くのプロバイダで行われています。

1日や2日時間がかかりますが、郵送で受け取りができて色々なキャンペーンも
利用することができるので魅力はとても高いと思います。

どうしても今日WiMAX2+が必要という方以外は普通にWEBからプロバイダを
選んで契約することをおすすめします。

-WIMAX

Copyright© 即日開通でサクッとネット契約 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.