知って役立つネットの豆知識

MDF室とは何のことでどこにある?

投稿日:

マンションなどの集合住宅でインターネット回線に加入する場合には色々な制限や
工事に必要な許可などが多くあります。

そんな集合住宅の回線工事の時に言われるのがMDF室という単語です。
こちらでの工事が行われるということなのですが・・・

このMDF室というのはどんなところでどこにあるのでしょうか。

MDF室はMDFがおいてある部屋のこと

かなり大雑把な説明をするならMDF室というのは名前のとおりにMDFをおいている部屋
ということになります。

ではMDFとは何なのか。
これは回線を集約して分配する機材のことです。

日本語で言えば「主配線盤」という意味の言葉です。
電話線などで多く使われている配線機材のことです。

例えばNTTからの電話線をマンションでつかう場合、各家庭の電話線をそれぞれに
設置すると近くの電柱などからかなりの電話線が建物に設置されることになります。

それでは景観も悪いですし、何より工事が大変です。
そこで近くの電柱からまとめて共有部分などに集めて引き込みをします。

このまとめて引き込んだ回線をMDFにつないで、そこから各部屋に分配する
という方法を多くの集合住宅では使っています。

そしてこのMDFがおいてある部屋のことをMDF室といいます。
最近では光回線もこのMDFを使って分配することが多いようで。

つまり集合住宅で光回線の申込みをした場合、MDF室での工事がメインになるので
ここに入ることが出来ないと開通させることが出来ないのです。

MDFが管理室にあるという場合も

ではMDF室は集合住宅のどこにあるのか。
これは建物によって、更に大きさによっても違います。

小さいアパートの場合はMDFが壁にあるだけで独立した部屋の中にないという
状態も多いです。

この場合は配線盤を囲っているボックスに鍵をかけているだけということも。
事前に大家さんに鍵を借りてMDFを見られる状態にする必要があります。

また管理人室があるマンションで、その管理人室にMDFなどがまとめて設置している
というタイプもあります。

この場合は工事の日に管理人室に入れてもらう許可をとっておく必要があります。
当然MDFを配置するための部屋を作っているところもあります。

まあMDF室には配線盤の他にもインターネット回線の分配器などが
一緒に設置されている場合も多いです。

建物の状態や大きさによってどこにMDFがあるのか、MDF室があるのかなどは
変わってきます。

もし配線工事が必要でMDFでの工事をするなら事前にどこにMDFがあるのか
管理会社などに確認しておくようにしましょう。

当然MDF室やMDFボックスに施錠されているのは確実なので、工事当日の
立ち入り許可と鍵の解錠もお願いする必要があります。

大きな建物の場合はIDFの場所も確認する必要がある

かなり大きなマンションの場合にはMDFだけではなくIDFも回線工事に
関係してくるということも。

IDFとは中間配線盤のことで、MDFで分配した回線を更に分配する配線盤です。
例えばMDFでマンションの各階まで配線分配をして、階ごとにIDFを置きます。

各階の部屋への配線分配はIDFで行うということもあります。
まあこれはかなり大きなマンションの場合になりますが。

IDFの場合は独立して部屋の中に設置されることは少なく、共有部分に設置される
ということが多いようです。

ただしこちらも通常はボックスに施錠されているので、やはり事前に鍵を開けてもらう
許可が必要です。

MDFと同様に普段は使うことがないIDFもその場所を知っているという人は少ないので
工事の前に管理会社に確認を取るようにしましょう。

MDF室は入れないがMDFボックスは業者が開けられる

さてここまでの説明では「MDFに関する管理はきちんとされている」という印象で
勝手に何かができるものではない、と思うかもしれません。

実際に高級マンションなどのMDF室には勝手に業者が入ることは出来ません。
マンション設備に関係していない業者が入ることは絶対にできません。

でもマンションでも共用部分に大型のMDFボックスが設置されているタイプの場合
実は業者が鍵を持っているということも多いのです。

一応管理人室などでボックスの鍵を管理していますが、それは合鍵でマスターキーは
ボックスを設置した回線業者、多くはNTTが持っているのです。

MDFは基本的に電話回線の配線盤で、ブロードバンドサービスが始まった時に
NTTでは多くの建物のMDFボックスを大型に変更しています。

取替工事自体はNTT負担で行われて、マンションなどに負担がない代わりに
MDFボックスの鍵もNTTで管理することが多くなりました。

つまり光回線のフレッツ光などを申し込んでNTTが工事を行う場合にMDFボックスの
鍵を最初から持っているということも多いのです。

申込時の説明で「管理人に許可をもらって・・・」と言われますが多くの場合は
地元のNTTがMDFボックスの鍵を持っているので勝手に工事をすることもできます。

まあ管理人が鍵を持っていないということもあるので、実はあまりMDFボックスの場合
気にすることはないのかもしれません。

集合住宅の分配方式によっては立ち会いが必要ないのはMDFを開けられるから

MDFボックスの管理がNTTにある、というのがわかりやすいのはフレッツ光の
申し込みで立ち会い工事が必要ない場合です。

MDF室は当然ですがMDFボックスでも基本的には管理人が鍵を持っているために
工事の際は必ず立ち会いが必要になるはずです。

でも集合住宅でフレッツ光の申し込みをして、実際に工事をする時に配線盤内の
切り替え工事だけで部屋の中での設置工事がない場合は立ち会いが必要ありません。

その理由はMDFボックスの鍵をNTTが持っているので勝手に開けて工事をして
鍵をかけて帰っていくからです。

ちなみにVDSLとLAN方式ではMDFの切り替えだけでインターネット接続が
出来るようになります。

室内にONUなどの設置工事がない場合には立ち会いが必要ないので工事予約が
取りやすくなるかと。

ただしMDF室があってそこでの工事が必要なら立ち会いが必要です。
管理人などに鍵を借りる、または管理人に頼むなどの事前の許可が必要です。

MDF室はMDFがおいてある部屋だけど独立していない場合も多い

あまり一般的には聞き慣れない言葉ですが、最近のインターネット回線申し込みでは
多く使われているのがMDF室です。

まあ普通では住人が使うことは少ないので知らないという人も多いのですが。
特にMDF室として独立しているマンションは少ないと思います。

ただ電話や回線の配線盤が集まっているMDF室では機材の耐熱性の関係もあり
空調が整っていてかなり快適な空間を保っているということも多いです。

最近では50度以上の温度に耐えることが出来る配線盤の設備も出来ているようですが
基本的に高音になるような環境はあまり望ましくありません。

ただ空調設備などを整えるのが難しいので管理人室などにMDFを設置する
という集合住宅もあるようです。

大きなマンション以外にはあまりMDF室が作られることもないのですが
インターネット回線の申し込みのときには一度管理会社などに確認しましょう。

-知って役立つネットの豆知識

Copyright© 即日開通でサクッとネット契約 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.