インターネット・ポケットWiFiの即日開通

auひかりの開通までの日数はどれくらいかかる?

投稿日:

インターネットの光回線といえばフレッツ光と言われるほど多くの方が利用している
フレッツ光回線ですが、最近ではユーザーが多く混雑が問題になっています。

そこでフレッツ光以外の光回線への乗り換えを考えているという方が注目しているのが
auひかりという光回線のサービスです。

NTTが予備などで余分に設置して使っていない光ファイバーケーブル、ダークファイバー
と言われる回線を使ってサービスの提供をしています。

光コラボのようなフレッツ光を使ったサービスではないauひかりの場合には
開通までにかかる日数はどれくらいになるのか調べてみます。

公式サイトの回答では開通までにかかる日数は1ヶ月から2ヶ月

まずはauひかりの公式サイトで開通までにかかる日数を調べてみました。
やはりこの質問は多いらしく、Q&Aでも回答が見つけられます。

一応公式サイトの回答としてはauひかりの新規申込みでインターネット回線が
開通するまでの日数は1ヶ月から2ヶ月程度とありました。

開通までの日数としてはちょっと長いという印象ですが、これは全ての申し込みが
これくらいの日数かかるというわけでも無いようで。

光回線の設置工事には建物や周囲の状況によってかなり変わるというのが
一般的です。

その工事までの日数に幅をもたせている回答ということのようです。
実際にどれくらいの日数がかかるのか、もっと詳しく調べてみます。

戸建の場合は最短3週間程度で開通できる可能性もある

まずは一戸建て住宅にauひかりを設置する場合にかかる日数を調べてみます。
何も問題なく工事ができるなら最短では3週間という意見もありました。

まあ光回線は建物の状況やその時の混雑具合によって開通までの日数は
大きく変わるということが普通です。

とりあえず申し込みをしてからの対応とそれにかかる日数を確認してみます。
申し込み手続きをすると1週間程度で工事日程の調整をするための電話があります。

これは実際に工事を行うauの系列会社からの電話なのでauではないところから
かかってくることになります。

そしてそれと同時に契約したプロバイダからの書類も届きます。
プロバイダのIDとパスワードが記載されている重要書類です。

一応1週間程度と言われますが早い場合は3日位で電話が来ます。
書類も同じように郵送に問題なければ5日以内に届くと思います。

工事の希望予定から工事予定日が決まれば折り返し電話があります。
これも予約確認だけなので日程調整日の翌日にはかかってくると思います。

この工事予約も空いている日があればかなり早くなる可能性があります。
自分の予定との調整が必要ですが、3週間後に予約できたという方も。

後は工事予定日までに室内機材が郵送されるはずなので、それを受け取って
回線設置工事の日を待つだけです。

ちなみに回線設置工事は室内工事もあるので立ち会いが必須です。
平日に立ち会いができない場合は土日の予約を取る必要があります。

ただしauひかりでは土日の工事予約を取るには追加料金が必要です。
コストがかかることを覚えておきましょう。

周囲の状況によっては許可を取るための時間がかかる

何の問題もなければこのように簡単に工事日程が決まります。
ただし工事予定の住宅の周囲の状況ではすぐに工事が出来ません。

例えば最近都市部で多い電柱の地中化を行っている地域では光ケーブルを地表に
出すことが出来るところがあるかの確認が必要です。

家のそばからケーブルを出すことが出来なければ工事は難しくなります。

それに一番近い電柱が他人の家の敷地内にある場合、その家の許可をもらわないと
電柱に登って工事をすることが出来ません。

これらの許可を取るための時間が必要になると1ヶ月以内に工事ができる可能性は
かなり少なくなると思います。

口コミでは工事までに3ヶ月かかったという人もいました。
かなり状況によって開通までの日数は変わってくると思います。

集合住宅の場合は開通までの日数が2週間程度かかる

次に集合住宅、マンションやアパートの場合にauひかりを設置するにかかる
日数を確認してみることにします。

こちらは戸建てよりも開通までの日数が短く、平均しても2週間程度という
結果になっています。

まあこれはフレッツ光でも同じなのですが集合住宅の場合は基本的に
ブロードバンド回線が建物に1つしか設置することが出来ません。

つまりauひかり回線がすでに建物に設置されていないと契約が出来ないので
集合住宅では建物に回線自体はある、というのが一般的です。

そしてすでに建物に設置されている回線を各部屋まで分配して使う形なので
集合住宅の回線工事はこの分配工事ということになります。

この回線分配工事の場合、予約をとるのが比較的簡単で、戸建てと同じように
工事日程調整の電話から最短3日後から工事可能という方もいました。

まあ一般的には1週間程度で分配工事ができるので工事日程調整の電話が
かかってくるまでと合わせて2週間程度で開通ができると言われています。

後は集合住宅内の回線分配方式によっては実際に工事に必要な時間が
ちょっと変わってくるのですが・・・

回線分配方式の種類と合わせて簡単に説明します。

多くの集合住宅で使われているのがVDSL方式

多くのマンション、アパートで使われている回線分配方式がVDSLという方式で
こちらは電話回線を使ってauひかりを分配しています。

元々集合住宅には電話回線が設置してあることも多いので、他の回線設置工事を
増やすこと無く使える電話回線をインターネットと併用するタイプの分配方式です。

管理会社としても導入がしやすいのですが問題点として回線の安定性が比較的悪く
回線速度が出にくいという欠点があります。

まあ普通にインターネットを使う分には問題はないので、高速通信が必要という
ヘビーユーザー以外はあまり気にする必要はないかと。

工事には回線分配と部屋の中に回線終端装置とホームゲートウェイの設置が必要で
室内工事になるので立ち会いが必要です。

共有部分からLANを使って分配するLAN分配方式

最近の新築物件に多いのですが、建てる時に壁の中にLANケーブルを設置して
コンセントなどから接続できるようにしている住宅があります。

集合住宅でこれを設置していれば共有部分に光回線を引き込めばそこから分配して
全ての部屋ですぐにインターネットの接続が可能になります。

共有部分に光回線と回線終端装置を設置して、LANを使って回線分配が出来るので
ほとんど工事をすることがありません。

一応auひかりではホームゲートウェイの設置があるのですがそれぞれ30分程度で
工事が終了します。

光コンセントがあれば光回線がすべての部屋に設置されている

LAN分配方式と同じで新築に多く見られるのが光コンセント設置済みの住宅で
こちらは光回線専用の接続コンセントになります。

電気のコンセントと同じところに設置されているものもあれば、後から別に
光コンセントだけを設置しているという場合もあります。

これは共有部分に引き込んだauひかり回線をそのまま各部屋まで光ケーブルで
分配して使うという方式です。

LAN分配方式と違って共有部分には回線終端装置を置かないので各部屋に
設置するための室内工事が必要になります。

前の利用者が回線などを撤去していない場合は流用も可能

特に賃貸住宅で多いのですが、前に借りていた人がauひかりへの加入をしていて
すでに室内に光コンセントを設置していれば、それをそのまま使うことが出来る場合も。

まあ光コンセントを後から設置した場合、部屋を退去する時に光コンセントも撤去するか
選ぶことが出来るというところもあるのです。

普通は原状復帰が基本なので撤去が必要なのですが、アパート全体でauひかりに
加入しているからそのままでもいいと言う大家さんがいるようです。

そして後に入居した人がそのまま光コンセントを使ってauひかりを使うことも可能です。
ただしプロバイダによっては他のプロバイダの設備が使えないという場合も。

設備が流用できるなら工事日程を早めることができる場合もあるそうです。
賃貸で光コンセントがあったら申込時に相談してみることをおすすめします。

工事がほとんど必要ない場合でも工事費は変わらない

すでに光コンセントが設置してあるなど、ほとんど工事が必要ない状態でも
auひかりの新規申し込みをすれば普通と同じ工事費用がかかります。

工事費用は戸建てとマンションでそれぞれに分割されて月額料金に加算されます。
一定期間継続して契約していれば実質0円という割引サービスは行われていますが。

この工事費はどんな状況でも発生します。
たとえほとんど工事が必要ないという場合でも人員派遣されているのでかかります。

まあこれは必ず支払いが必要なもの、と考えてもらうしかありませんが。
一応プロバイダのキャンペーンで無料になるのを狙ってみるのもおすすめです。

auひかりに対応しているプロバイダは7社

現在auひかり加入時に選ぶことができるプロバイダは全部で7つ。
・ au one net
・ BIGLOBE
・ @T-com
・ So-net
・ ASAHIネット
・ DTI
・ @nifty

これらのプロバイダはそれぞれに独自のキャンペーン展開をしています。
でもどこを選んでも月額料金に違いはありません。

月額料金はプロバイダと回線の利用料がセットになっている料金で
戸建てとマンションそれぞれの金額に違いがあるだけです。

やはりおすすめはそれぞれのプロバイダを調べてキャンペーン内容を確認して
申し込みをする方法です。

それ以外には大きな違いがないので好きなプロバイダを選んでも問題はないかと。
料金的な違いはないので安心できると言えます。

混雑する季節じゃなければ意外に開通までの日数は早いのがauひかり

公式サイトでは戸建てで1ヶ月から2ヶ月、集合住宅なら2週間程度の時間が
開通までにかかる日数と説明されています。

でも回線設置が出来る状況ならそれほど時間がかからずに開通できるというのが
auひかりの設置工事の印象です。

ただしこれは普通の季節の場合で、引っ越しなどが多くなる2月から4月までや
9月などはインターネット加入申し込みを増える時期です。

これらのいわゆる繁忙期には工事予定の調整が中々出来ずに開通までの日数が
かなり長くなるという場合もあります。

この日数はあくまでも目安ですが、開通までを早くしたいなら繁忙期を避けて
申し込みすることをおすすめします。

-インターネット・ポケットWiFiの即日開通

Copyright© 即日開通でサクッとネット契約 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.