インターネット・ポケットWiFiの即日開通

ドコモ光の開通までの日数はどれくらい?

投稿日:

インターネットの固定回線を契約する場合、回線工事が必要になるなら開通までの日数は
かなりかかるというのが一般的です。

でも最近ではすでに固定回線を使ってインターネットをしているという人も多く
それを使った新しい光コラボというサービスも始まっています。

そんな光コラボを契約した場合、開通までの日数はどれくらいになるのでしょうか?

ドコモ光の開通までの日数は建物の状況によって大きく変わる

光コラボの中でもかなりの人が注目していて、実際にかなり人気があるサービスが
ドコモ光です。

ドコモのスマホユーザーに割引特典があるというドコモ光には多くの人が加入したい
と思っていました。

サービスが始まった当初はかなり混雑して大変だったようですが。
最近ではかなり落ち着いているようです。

そこでドコモ光に加入するならどれくらいの期間で回線開通が出来るのか。
開通までの日数を調べてみたいと思います。

まあはっきり言えばこのインターネット回線開通までの日数は契約者の住所の状況
建物の状況によってかなり大きく変わるのですが。

まず契約希望者がすでにフレッツ光を使っているか、完全新規加入者なのか。
それと済んでいるのは戸建てか集合住宅かでも変わります。

それぞれのパターンを確認してみることにしましょう。

ドコモ光に新規加入するなら基本的にフレッツ光と同じ期間が必要

ドコモ光に戸建てから新規加入する場合にはフレッツ光に加入するのと同じ期間が
開通までにかかります。

ドコモ光などの光コラボはフレッツ光回線を使ったプロバイダ一体型のサービスです。
つまりどこの光コラボも使っている回線はフレッツ光ということです。

そのために全くインターネットの光回線を使っていない人が光コラボに新規加入すると
フレッツ光の回線設置工事が必要になります。

フレッツ光の回線設置工事は戸建の場合2週間から1ヶ月程度、状況によっては
もっと時間がかかる可能性もあります。

例えば光回線は電柱から家に引き込むのですが、近くにNTT管理の電柱がないとか
近くの電柱が人の家の質機内にあるので許可を取る必要があるなら時間が必要です。

それに引っ越しの繁忙期には光回線の新規加入申し込み増えるので工事が集中して
工事の予約が中々取れないということも多いようです。

特にドコモ光のサービス開始当初は工事まで2ヶ月以上かかったという人も多く
状況によってかなり時間がかかるという印象でした。

マンションなど集合住宅なら配線方法で開通までの日数が変わる

新規加入でも戸建てではなくマンションなどの集合住宅の場合もちょっと違います。
こちらは建物内の配線分配方式で開通までの日数が変わります。

基本的に集合住宅では一つの建物に1つの回線しか設置できません。
つまりまずはすでにフレッツ光回線が建物に設置されていることが条件です。

そして集合住宅では回線をそれぞれの部屋に分配する方法が違います。
以前は電話回線を使ったVDSLという方法が一般的でした。

こちらはフレッツ光を建物の共有部分に引き込んで、そこから電話回線を使って
各部屋まで回線を分配します。

すでに設置されている電話回線を使うので工事自体は共有部分の切り替えのみで
部屋の中の機材設置などは契約者本人が行うというのが普通です。

立ち会い工事が必要ないので工事の予約が取りやすく、2週間程度で開通できる
という状況が多いです。

他にも光ケーブル配線などの分配方法があるのですが、こちらの場合は
部屋の中に機材の設置が必要なので立会工事になります。

この場合はやはり工事予約を取るのに時間がかかることも多く、1ヶ月程度の
時間が開通までにかかることも多いです。

後は建物内にLAN配線がされている場合は、フレッツ光の回線終端装置も
共有部分に設置できるので部屋の中に機材の設置がありません。

こちらの場合もVDSLと同じで共有部分の切り替え工事になるので比較的早く
開通できると思います。

フレッツ光からドコモ光に転用するなら工事にかかる時間が必要ない

ドコモ光に申し込みをする人がすでにフレッツ光に加入しているという場合は
フレッツ光からドコモ光への転用という形になります。

つまりいま設置されているフレッツ光回線をそのまま使ってドコモ光のサービスを
利用するという方法になります。

この転用の場合には当然ですが回線設置工事は必要ありません。
すでにフレッツ光回線が設置されていますから。

ただしサービスの引き継ぎが必要なので転用のための手続きを行います。
感覚的には携帯電話のMNPというところでしょうか。

まあ転用手続自体はかなり簡単にできます。
基本的にはほとんどプロバイダが手続代行をしてくれるので。

転用承諾番号というNTTから発行される番号を用意する必要がありますが
プロバイダによってはこれもNTTと仲介をして取得してくれます。

この転用承諾番号の有効期限が15日間なので、ドコモ光にする場合でも
発行から15日間に手続きを終了する必要があります。

つまり転用の場合は遅くても15日、通常10日程度で手続き終了します。
開通までは1週間ちょっとでできるということになります。

切り替えには工事がなく、サービスも基本的には引き継げる

転用の場合は回線設置工事が必要ありませんが、その他の工事もありません。
切り替え工事などもなく、サービスはそのまま引き継ぎができます。

例えばフレッツ光でひかり電話などを使っていた場合も番号はそのままで
サービスの継続ができます。

ただしプロバイダ料金と回線利用料金がまとまるのに対して有料オプションは
まとまった支払いにはなりません。

つまりひかり電話だけはNTTからの請求、回線とプロバイダの料金はドコモからの
請求という感じになります。

このオプション料金の請求以外は今までと全く同じ環境で使えます。
まあドコモ光の場合はプロバイダが変更になる可能性がありますが。

転用によるフレッツ光の解約違約金などもないので料金面やサービスに関しては
何も気にせずに転用をすることが出来ます。

ドコモ光の申込みは対応プロバイダからがおすすめ

ちなみにドコモ光の加入申込みは新規加入、転用ともに色々な窓口から行うことが
できる様になっています。

普通にドコモショップから申し込みをすることも出来ますが、ドコモ光では
対応プロバイダがとても多いという特徴があります。

それらの対応プロバイダからもドコモ光への加入申し込みが出来るので、私的には
お得なキャンペーンを行っているプロバイダからの申込みがおすすめです。

確かにドコモ光への申込み、というとドコモショップからという印象は強いのですが
ドコモショップではドコモ光に関するキャンペーンがほとんどありません。

ドコモ光にすればドコモのスマホが割引できる、と説明されますがそれはどこから
申込みをしても利用できる特典です。

それならばWEB上から対応プロバイダの申し込みサイトを使って申込みをしても
問題なくスマホの月額料金割引を受けることができます。

そしてドコモ光対応プロバイダではそれぞれに独自キャンペーンを展開しているので
それを使ったほうがお得になる可能性は高いのです。

新規契約、転用ともにキャンペーンの利用ができますのでプロバイダを調べて
お得なキャンペーンを選んで申込みをしましょう。

ドコモ光の開通までの日数を少なくするなら繁忙期を避ける

ドコモ光に新規で加入する場合にはフレッツ光回線の設置工事が必要なので
基本的にはかなり時間がかかるようになります。

転用の場合は基本的には何もすることがないので問題ないのですが、新規加入の場合は
できれば繁忙期を避けることをおすすめします。

通常なら1ヶ月あれば十分に開通が出来るはずですが、工事できる人手が足りなくなると
当然ですが回線工事開始までに時間がかかってしまいます。

まあ引っ越しなどで新規加入する場合には移転先の住所がわかっていれば、事前に
申込みをしておくという方法もありますが・・・

ドコモ光の開通までの日数を少しでも早くしたいなら繁忙期を避けて申し込みすることを
おすすめします。

-インターネット・ポケットWiFiの即日開通

Copyright© 即日開通でサクッとネット契約 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.