インターネット・ポケットWiFiの即日開通

インターネットを最短で開通させる方法とは?

投稿日:

インターネットの回線契約をした場合に開通までにかかる時間というのはかなり長い
というのが一般的な意見だと思います。

確かに固定回線を契約したときには開通までにかなり時間がかかった、という方も
多いのではないでしょうか。

そんなインターネット回線を最短で開通させるための方法はないのでしょうか。

固定回線を設置する場合には工事に時間がかかる

インターネットの開通までに時間がかかると思えるのはやはり固定回線を契約した時に
回線設置工事が必要になる場合です。

この回線設置工事をする場合には契約申し込みの翌日すぐに工事が始まることはなく
工事が始まってしまえば1時間程度で開通するのですが。

では回線設置工事を始めるまでの時間というのはどれくらいなのでしょうか。
これは回線の種類によっても変わってくるようです。

そこで回線の種類によって設置工事までにかかる期間がどれくらい違うのかを
確認してみることにします。

光回線は設置工事に2週間から長い場合は1ヶ月以上かかる

まずは現在のインターネット回線の主流、光回線の設置工事の期間について
確認してみます。

光回線は光ファイバーケーブルを使ったインターネット専用回線を設置する
ということで高速の安定した通信が出来るようになる回線です。

他の回線を流用や併用しないので基本的には必ず設置工事が必要になります。
ただし集合住宅の場合は少し違うのですが。

戸建てで説明するとまず光回線を設置することが出来るのか、建物の周りを
確認する下見が必要です。

これが申込みから1週間程度、そこで設置できると確認されれば設置工事の
予約をとることになります。

混雑するような時期でなければ1週間程度で工事ができるので開通までには
2週間程度、まあ通常は3週間から4週間というところです。

ただしこの工事予約が中々取れない場合も多く、特に立ち会いが必要な
室内工事になると土日にしか工事立会ができないという方も多いです。

そのために引っ越しが多く光回線の契約が多くなる時期には工事予約をとるのに
1ヶ月以上かかるという場合も多くなります。

地域によっても混雑の状況が違うので光回線の場合は早くても1ヶ月かかる
と思っていたほうがいいかもしれません。

ADSLは最短2週間でインターネット開通可能

以前はどこの家庭でもあった固定電話回線を使ったインターネット回線が
ADSLという回線です。

こちらは電話回線、メタル回線という電話で使われている回線をインターネットでも
利用するという形の回線です。

以前ならどこの家庭でも固定電話があったので、通常回線設置工事が必要なく
基地局のADSL切り替え工事だけで使うことが出来ました。

この場合ならインターネット開通までに2週間かからないという状況でした。
一応インターネット回線のテストが行われるので1週間程度は必要ですが。

ADSLのサービスが始まった当初は申込みが殺到して1ヶ月以上切り替え工事に
時間がかかったという話もありましたが。

最近ではかなりスムーズに工事ができると思います。
ただし現在では利用できる地域が少なくなっているので注意しましょう。

ADSLは基本的に以前使われていた電話回線のメタル回線を使います。
でも現在は電話回線でも光ファイバーケーブルを使っている地域が多くなっています。

つまり地域によっては電話回線が違うのでADSLが使えないという状況もあります。

ケーブルテレビ回線は2週間から長くても1ヶ月程度

もう1つ、メインで利用されるのはADSLと同じで違う目的、テレビ回線ですが
ケーブルテレビ回線を使ってもインターネットへの接続ができます。

ケーブルテレビ回線もやはり専用回線の設置なので下見が必要になります。
これは光回線と同じで1週間程度の時間がかかります。

その後通常の工事ができるなら1週間程度で工事が行われて、早くて2週間
遅くても3週間後にはインターネット開通ができます。

ただしこれも繁忙期になるとちょっと変わります。
工事の予定が詰まっていると工事ができるのが遅くなります。

大体3週間から4週間程度の時間がかかることになります。
特に地方都市のケーブルテレビでは工事が重なると遅くなる傾向が強いです。

それでも1ヶ月後にはインターネット開通ができるという場合は多いです。
ケーブルテレビ回線の場合は遅くても1ヶ月程度と言われています。

一般的な光回線の工事までの手順を確認

では実際にインターネット回線契約の申込みをして回線設置工事が行われ、実際に
インターネットが使えるようになるまでの工程を確認してみます。

今回は一番時間がかかると言われる光回線の新規加入工事の工程を調べてみます。
といっても光回線は設置場所の状況によって工事の内容が大きく変わるのですが。

かなり大雑把になりますが申し込みから工事開始までの工程は次のようになります。

・ インターネットの申し込み
・ 現地調査
・ 工事日の日程調整
・ 必要機材の郵送
・ 回線設置工事

大体このような流れになります。
この中で現地調査や工事日の調整で開通までの時間を短く出来るという意見もありますが。

でもほとんど工事までの日数に影響はありません。
基本的には工事をする建物の状況以外に大きく影響を与えることはありません。

例えば集合住宅ですでに建物に光回線が設置されていれば、工事が必要なのは建物内の
部屋への分配回線だけです。

この場合は建物の共用部分のみの工事になるので室内での立ち会い工事がありません。
逆に光コラボで光コンセントの設置が必要という場合は必ず室内工事があります。

代理店などを選んで契約をしても多くの場合には工事までの日程に違いが出ません。
ただし代理店によっては大きく遅れる可能性はあるのですが・・・

直接回線業者に申し込みをしても工事の日程に大きな違いがない

キャンペーン展開をしている加入代理店を使えばお得に光回線が使える
という可能性は高くなります。

でも光回線は回線業者が設置工事をするので加入代理店が間に入るとその分だけ
連絡が面倒になる、という意見があります。

まあ確かに間に入るよりも直接回線業者に連絡をしたほうが回線設置工事までの
期間が短くなるような気もします。

ただし現在ではフレッツ光を使った光コラボなど回線業者以外から申し込みをする
というサービスがかなり多くなっています。

プロバイダや代理店が間に入ることは多いので、直接NTTに申し込みをしたから
という理由で工事が早くなることはほとんどありません。

基本的には違いがない、と思ってもらっていいのですが・・・
トラブルになる場合もあるので注意が必要です。

代理店によっては連絡ミスが起こるので注意

加入代理店のトラル部を調べてみるとNTTとの連絡ミスがあって工事日程の
調整ができていないという意見も多く見られました。

特に電話勧誘の代理店ではこのようなトラブルが多く、かなり問題になっています。
説明不足や説明違いによるトラブルも加入代理店のトラブルとして多くあります。

大手プロバイダではあまり見られないトラブルですが、加入代理店では連絡ミス
というトラブルはかなり多くあるようです。

基本的にはプロバイダや加入代理店を使っても回線工事までの日数に違いがないのですが
人的ミスが起これば日数がかかってしまうのは仕方がありません。

これを防ぐためには信頼ができるところからの加入申し込みをする以外に方法がないので
できれば色々な口コミなどを確認してから申し込みをするようにしましょう。

移転先の集合住宅の回線状況を事前に調べることは出来る

集合住宅の場合、建物には1つのブロードバンド回線というのが一般的なので
基本的にはすでに回線設置されているならその回線を使うということになります。

では新しくマンションに引っ越しをする時に、そのマンションにどんな回線が
設置されているのかを確認することは出来るのでしょうか。

結論から言うと、事前に確認をすることはできます。
移転先の住所やマンション名がわかっていれば調べることが出来ます。

その方法は回線提供業者の公式サイトで調べるだけです。
例えばフレッツ光ならNTTのサイトから確認することが出来ます。

まあNTTは東日本と西日本でサイトが違うので住所に合わせたサイトを
確認することが必要ですが。

ただこの方法は光回線の場合で、どんな回線が設置されているのかはわかりません。
つまり確認できるまで回線業者のサイトを調べ続ける必要があります。

まあ後はNURO光とauひかりを調べるだけなのですが。

ちなみにソフトバンク光やBIGLOBE光などの光コラボは使っているのが
フレッツ光回線なのでNTTの公式サイトから確認が出来ます。

建物全体で光コラボに加入している、というのはちょっと考えにくいですが
一応光回線に加入している建物なら公式サイトから確認が可能です。

固定回線の開通までは1ヶ月程度かかると思ったほうがいい

ここまで固定回線の設置工事について調べてみましたが、固定回線の場合は基本的に
回線設置ができるのか確認が必要な場合が多いです。

その確認作業は必ず人間が行っているのでどうしても人数的な問題がでてきます。
忙しくなると中々確認ができなくなってしまうのです。

当然設置工事自体も業者が派遣されるので人数的な問題はあります。
工事自体は1時間程度なのですが、1日で出来る工事の数は限りがあります。

つまり最短で工事ができる状況というのはかなり少ないです。
時間がかかることを前提に申し込みをしたほうがいいと思います。

平均しても1ヶ月程度あれば回線設置工事が出来てインターネット開通する
ということが多いのでこれを前提に申し込みをしましょう。

引っ越しの日時が決まっているのなら、それに合わせて工事予約を取れば
引っ越してすぐにインターネットが開通するということも可能です。

最低でも1ヶ月、開通までにかかると思って申し込みをしましょう。

無線を使ったインターネットには2種類の意味がある

固定回線を使ったインターネットについてはわかってもらえたと思います。
では次に無線を使ったインターネットについても調べてみましょう。

よく「無線を使ったインターネットは開通が早い」と言われますが、この無線には
2種類の意味があります。

1つは固定回線の分配に無線LANを使った方法。
こちらは基本的に無線LANを使って分配するだけなので固定回線が必要です。

日本では無線LANにWi-Fiという規格を使うことが多いのでWi-Fiルーター
ということも多いのですがすべて同じで回線分配をする機材のことです。

つまり固定回線が開通している状態で無線LANを使うのですぐに使える
というのは固定回線が使える状態にあることが前提です。

もう1つの無線はスマホの電波回線と同じLTEなどを使った電波回線を使った
インターネット接続という意味です。

スマホでも4G/LTE回線を使ってインターネット接続が出来ますが、この電波回線を
つかう方法のことを指しているのです。

こちらは固定回線のように設置工事が必要ないので契約手続き終了後、端末が
手元にあればすぐにでもインターネット接続ができます。

すぐにインターネットを使いたいと思うならこの電波回線を使ったインターネットへの
接続ができる契約をすることがおすすめということになります。

モバイルルーターには2種類の回線があり特徴が違う

では電波回線を使ったインターネット接続方法でおすすめなのはどんな方法か。
手軽に契約が出来て使いやすいのはモバイルルーターです。

スマホでも電波回線でのインターネットが出来て、スマホを中継してタブレットPCなどを
インターネットに接続するテザリングという方法もあります。

でもテザリングはスマホの負担も大きいので同じ働きが出来るモバイルルーターを
おすすめします。

モバイルルーターは固定回線の代わりに電波回線を使ってインターネット接続している
Wi-Fiルーターです。

つまり持ち運びができるWi-Fiルーターという感じでしょうか。
電波が届く地域ならどこでもインターネットへの接続ができます。

そしてモバイルルーターで使われている回線は2種類、スマホと同じLTEと
独自の周波数を使ったWiMAX2+です。

それぞれの特徴としてはWiMAX2+には月間データ通信容量制限なしプランが有り
高速通信が可能ですが利用可能地域が中心地域がメインになっている。

LTEはスマホと同じなのでパケット通信容量に上限があり、使いすぎると
速度制限されるけどかなり広い地域で接続できる。

どちらのモバイルルーターも基本的にはネット上からプロバイダの公式サイトで
契約申し込みをすることになります。

契約手続きが終了すればすぐにでもインターネット開通が可能なので
後はどこが発送手続きをすばやくして手元に届けてくれるかということに。

そこでそれぞれのモバイルルーターの代表的なプロバイダの発送時期について
確認してみることにします。

Broad WiMAXは翌日発送だけど店頭受取できる店舗がある

まずはWiMAX2+のプロバイダから発送タイミングを調べてみます。
ちょっと特徴的なサービスをしているのがBroad WiMAXというプロバイダです。

こちらの発送自体は契約手続完了の翌日になります。
ただしBroad WiMAXには受取専門の店舗が展開されています。

端末受け取りができる店舗は渋谷、秋葉原、大宮、梅田の4箇所のみ。
営業時間は10時から19時まで。

この営業時間内に受け取りに行ける場合、当日の受け取りも可能です。
ただしその場合は営業時間終了の2時間前に手続き完了していることが条件です。

かなり条件が厳しくなりますが、契約した当日にインターネット開通ができる
というのは正に最速の開通方法だと思います。

まあこのプロバイダはちょっと契約時に注意が必要なのですが・・・
それは後ほど説明したいと思います。

GMOとくとくBBは土日祝日も当日発送が出来る

高額キャッシュバックで注目されているGMOとくとくBBというプロバイダでは
契約当日に発送手続きを行う即日発送を行っています。

平日の15時30分までに契約手続きが終了すれば即日発送出来るので地域によっては
翌日に端末が手元に届きます。

しかもGMOとくとくBBでは土日祝日でも14時までに手続き完了すれば即日発送で
端末発送手続きをしてくれます。

ただし即日発送は申込時に希望しないと行ってもらえません。
通常発送だと契約手続完了から4営業日後に随時となります。

プロバイダは即日発送に対応しているのですが、申込みの時に忘れてしまうと
当然ですが通常発送になるので注意しましょう。

BIGLOBE WiMAX2+は最短翌日発送

プロバイダの中でも大手の1つがBIGLOBEでこちらでもWiMAX2+のサービスを
提供しています。

BIGLOBE WiMAX2+の公式サイトで確認してみると契約手続き終了の翌日に
端末発送とありました。

最短でも開通までに2日後、平均しても1週間以内という説明でした。
ただしこちらはクレジットカードでの月額料金支払いを申し込んだ場合です。

BIGLOBE WiMAX2+では口座振替でも申し込みができるのですが、端末発送は
月額料金の支払い方法確定した後ということになります。

口座振替では口座の確認があるので支払い方法の確定まで2週間程度の時間が
必要になるのです。

支払い方法の確定をしてから契約手続き終了で端末発送、という順番になります。
すぐにインターネットを使いたい場合にはクレジットカードを用意しましょう。

ワイモバイルも土日に即日発送が出来る

続いてLTEのモバイルルーターを提供しているプロバイダの発送タイミングも
確認してみます。

LTEのモバイルルーターはポケットWiFiが有名です。
これを提供しているのがワイモバイルです。

公式サイトから新規加入するとワイモバイルのWEBショップから端末購入するのですが
ワイモバイルのWEBショップでは即日発送が行われています。

平日16時まで、土日は14時までに加入手続きが終了した場合に即日発送されます。
しかも中国・四国地方と九州地方、北海道と青森県以外は発送翌日に到着します。

それと沖縄県と離島では3日後になります。
こちらは全国かなり広い地域で翌日からの利用ができそうです。

ヤフーWiFiは午前11時までと条件が厳しい

ワイモバイルと同じくポケットWiFiを提供しているのがヤフーWiFiです。
こちらでは即日発送が行われていますが条件がかなり厳しくなっていました。

即日発送には午前11時までに手続きが完了していることが条件です。
最短翌日に端末が到着しますが、午前中というのはかなり厳しいと思います。

サービス自体はポケットWiFiなので使いやすいと思うのですが、即日発送は
かなりきちんと考えて契約する必要がありそうです。

ネクストモバイルは平日のみの即日発送

ポケットWiFiとはちょっと違いソフトバンクの4G/LTEだけを使ったモバイルルーターが
ネクストモバイルというプロバイダのサービスです。

回線はソフトバンクの回線なので利用可能地域や安定性は高いです。
大容量のデータ定額パックのみのサービスですがコスパはとてもいいです。

そんなネクストモバイルでも即日発送ができました。
ただし平日のみで契約完了が13時までという条件があります。

時間的にはあまり余裕はない感じですが、そこに気をつければ十分素早く
インターネット開通ができると思います。

ソフトバンクエアーは届くまでに1週間程度かかる

もう1つ、モバイルルーターではないのですがLTEを使ったサービスで
インターネット開通までの時間が早いと言われているのがソフトバンクエアーです。

こちらは申し込みをするとWi-Fiルーターのような端末が届き、バッテリーではなく
コンセントを使って電源を取るタイプのルーターです。

ただし接続回線はソフトバンクのLTEを使うので回線工事の必要がありません。
端末が届いて電源をいれればすぐにインターネット開通ができます。

でもソフトバンクエアーの端末が届くのは契約手続き終了から1週間程度と
かなり時間がかかります。

それにソフトバンクエアーには色々と注意点があるので、私としては
あまりおすすめしたくないサービスなのですが・・・

とりあえず最速でインターネット開通がしたい、という場合にも端末発送までに
時間がかかるのでちょっとおすすめはしにくいです。

Broad WiMAXは初期費用無料にしないとコストが高い

先程WiMAX2+プロバイダで紹介したBroad WiMAXですが、契約当日に
店舗での受け取りができるという魅力的なサービスがあります。

でもその一方で他のプロバイダにはない「初期費用」というコストがあります。
契約当初に18,857円という料金を支払うことになります。

他のプロバイダでも事務手数料3,000円は必要ですが、Broad WiMAXは
この事務手数料の他に初期費用もかかるのです。

一応初期費用料のキャンペーンもあるのですが、条件に有料オプションの加入があり
ちょっと手間がかかるという印象です。

それに契約途中で解約すると初期費用無料キャンペーンの解約違約金もかかるので
トータルの解約違約金がとても高くなるというデメリットも。

確かに最速でインターネット開通ができる方法が店頭受取なのですが・・・
Broad WiMAXと契約する場合には色々と注意することが多いという印象です。

ソフトバンクエアーは利用可能地域が狭い

もう1つ、LTEで紹介したソフトバンクエアーですがこちらも注意点があります。
まずは利用可能地域が実はかなり狭いということ。

現状はソフトバンクの4G/LTEを使えるのですが、以前は系列会社のLTE回線の1つ
AXGPという電波の地域のみ対応でした。

このAXGPエリアは首都圏を中心に展開されているのですが、その対応地域がかなり狭く
千葉県でもつながらない場所があるほどです。

そして4G/LTEに対応したことで今までデータ通信容量無制限だったのが制限ありに
変更されています。

申し込みをした住所以外で使うことも出来ないし、対応地域の問題もあるので
印象としてはかなり使いにくいサービスということになってしまいました。

開通までの早さと手軽さを考えるならモバイルルーターがおすすめ

モバイルルーターは固定回線と違ってほとんどのサービスでデータ通信容量を
気にする必要があります。

でも接続設定自体はほとんどなく、電源をいれればすぐにネット接続が出来て
パソコンやスマホの接続もWi-Fiで簡単にできます。

固定回線にWi-Fiルーターを接続するよりもかなり簡単なので、機械に詳しくない
という方にもおすすめしやすいです。

それにモバイルルーターならWEB上での契約手続きが出来て、クレジットカードを
使えるなら即日発送で端末を送ってもらうこともできます。

契約当日にインターネット開通というのは難しいですが、契約から開通までの時間は
翌日の可能性もあるので最速の方法だと思います。

自分にあったサービスを選べばかなり使いやすいので、すぐにでもネット回線を
開通させたいならモバイルルーターをおすすめします。

-インターネット・ポケットWiFiの即日開通

Copyright© 即日開通でサクッとネット契約 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.