インターネット・ポケットWiFiの即日開通

すぐインターネットしたいという場合にはどんな回線を選ぶ?

投稿日:

今ではかなり使われているインターネット回線は、色々な種類の回線から選んで契約が
できる様になっています。

ではそんな回線の中ですぐインターネットしたいと思った時に契約するのはどんな回線が
おすすめなのでしょうか。

インターネット開通までに許せる時間はどれくらいなのかを考える

普通に考えてもインターネット回線と言って思い浮かぶのは、光回線、ADSL
ケーブルテレビ回線、モバイルルーター、スマホなどがあります。

そしてそれぞれの回線で契約申し込みから開通までにかかる時間は違います。
すぐインターネットしたい、と言うならどこまで時間をかけられるか考えましょう。

例えば明日にでもインターネットの環境がほしいという状況もあれば、引っ越しをして
1週間位は片付けがあるからそれ以降でも大丈夫という場合も。

簡単に言えば「インターネットがなくても我慢できる時間はどれくらいか」ということを
考えておけば申し込む回線も決めやすくなります。

まあインターネット回線の場合は利用できる地域なども決まっているので必ず
希望の回線契約が出来るというわけでもないのですが。

それと我慢できる時間を決めておけば、そこから逆算して契約申し込みをする
という方法も使えます。

まずはいつからインターネットを使いたいのか、決めてしまいましょう。

固定回線の開通までにかかる時間は回線の種類によって違う

我慢できる期間を決めたらどんな回線を契約すればいいのかも決めるわけですが
実際に契約から開通までにかかる時間はどれくらいなのでしょうか。

回線設置工事があるために時間がかかる固定回線の開通までの期間をそれぞれの
回線ごとに確認してみたいと思います。

現在使える固定回線は主流になっている光回線、電話線を使ったADSLに
ケーブルテレビ回線を使ったインターネットサービスがあります。

それぞれの回線で契約から開通までにかかる時間を確認してみます。

光回線は2週間から1ヶ月程度で開通

光回線の場合は新規設置工事が必要な場合でも大体2週間程度から1ヶ月程度で
開通できると言われています。

光回線の場合は契約から実際に現地に行って光回線の設置ができるのか確認をしてから
工事が開始されます。

この下見に1週間程度、そこから回線設置工事なので早くても2週間程度の時間が
必要になると言われています。

ただし実際の設置工事は予約が必要で、繁忙期には中々予約が取れないという状況も。
予約が取れない場合には2ヶ月や3ヶ月という時間がかかる可能性もあります。

また集合住宅ですでに回線設置がされていて、部屋への分配工事だけで開通できる
という状況なら繁忙期でも最速の2週間で開通するという場合も。

光回線の場合は回線設置工事が平日に予約できないという方は、繁忙期に予約が
中々取れないという大きなデメリットがあります。

逆に平日でも工事が可能ならすんなり開通できる場合も多いです。

ADSLは2週間程度で開通できるが利用可能地域が最近少ない

電話回線のメタル回線を使ったインターネット接続サービスがADSLです。
こちらはすでに電話回線を設置してあれば電話併用の回線が使えるようになります。

以前からの戸建住宅なら大体電話回線は設置してあると思うので、それを使って
インターネットへの接続が出来るようになります。

ADSL申込み後にADSL適合性検査、つまり使えるかの検査をします。
これが1週間程度でその後NTT収容局のADSLの工事が行われます。

すでに電話回線が設置されていれば遅くても2週間後には開通できます。
ただし電話回線がない場合は設置工事が必要なのでもう少し時間がかかります。

ちなみに現在電話回線も光ケーブルを使っている地域が多く、ADSLで利用する
メタル回線を使っていない地域ではADSLでのインターネットが出来ません。

地域によってはADSLを使うことが出来ないので注意しましょう。

ケーブルテレビ回線は2週間から3週間で開通

ケーブルテレビ回線を使ったインターネットサービスも多くのところで
提供が行われています。

こちらも光回線と同じでケーブルテレビ回線を設置する工事が必要です。
新規で回線設置工事をする場合には大体2週間から3週間程度の時間がかかります。

ケーブルテレビ回線は近くの電線などにすでに以前使われていた回線があれば
そこから引き込みが出来るので多少早くなるようです。

ただしやはり引っ越しなどでインターネット回線の申込みが集中する時期には
3週間から1ヶ月程度の時間がかかるようになります。

ケーブルテレビ回線は広い地域で使える固定回線では開通までの時間が
比較的早いと思います。

固定回線ですぐインターネットしたいなら引っ越し前に申し込みをする

固定回線は申し込みから開通までに時間がかかる、というのが一般的です。
理由としては回線設置工事が必要になるから。

でも引っ越しなどで回線工事が必要な固定回線を使いたい時に、事前に住所が
わかっているなら移転先の住所でインターネット回線の申込みができます。

引越し先と引っ越しの日時がすでに決まっているなら事前にインターネット回線を
契約してしまえば工事予約も取りやすくなります。

引っ越しの日時に合わせて回線工事の予約をすれば、当日にインターネット回線を
使うということも出来るようになります。

まあ引っ越しの時期というのはどうしてもインターネット回線の申込みが集中するので
かなり前から申込みをしないと予約が取れないということも多いのですが。

特に開通までに時間のかかる光回線は引っ越し前に工事の予約をとることを
おすすめしたいと思います。

引越し先の回線設置状況は光回線業者に確認すればわかる

一軒家に引っ越しをするなら不動産業者に確認すれば光回線があるかはわかります。
まあ最初から光回線が設置されている賃貸戸建てというのもあまり聞きませんが。

問題は集合住宅、アパートやマンションでどんなインターネット回線が設置されているか
ということです。

ブロードバンド回線、固定回線は基本的に建物1つに1つの回線なので集合住宅の場合
すでに設置されている回線以外の契約が出来ません。

引っ越し先が集合住宅なら、現在何の回線が設置されているのかを確認してから
契約申し込みをする必要があります。

集合住宅に設置されている回線を調べる方法は回線提供業者でわかります。
例えばフレッツ光の公式サイトから住所やマンション名を入れれば検索できます。

光回線ならフレッツ光、NURO光とauひかりがあるのでそれぞれの公式サイトで
確認をすればわかります。

ただフレッツ光の場合は公式サイトがNTT東日本とNTT西日本で分かれるので
住所によって調べるサイトを変える必要があります。

それとソフトバンク光のような光コラボは使っている回線がフレッツ光なので
調べるのもフレッツ光の公式サイトになります。

モバイルルーターのつなぎ回線はあまりおすすめできない

固定回線の設置工事には時間がかかるので、その間のつなぎ回線として
モバイルルーターをレンタルするというサービスがあります。

インターネットお急ぎ便などのサービスですが、これは光回線の契約をして
それが開通するまでの間をモバイルルーターのレンタルでつなぐというサービスです。

モバイルルーターなら端末が届いたらすぐにインターネットへの接続ができます。
つまり端末は回線が開通した状態で発送されています。

確かに光回線開通までの間にモバイルルーターでインターネットが使えるというのは
魅力的なのですが、私としてはあまりこのサービスをおすすめしません。

まあ色々と理由があるのですが、まずは利用するモバイルルーターがレンタルということ。
中古と同じ端末が届くので安心できないというのが理由の1つです。

しかもサービス提供しているのが光回線の提供業者ではなく加入代理店です。
サービス自体の品質と信頼性もあまり高くないと思っています。

そんな代理店から提供されるレンタルの端末は最新端末ではない可能性も高く
場合によっては利用中に故障してしまうということもあります。

レンタル品の利用中に故障した場合の保障が加入代理店できちんとしている
とは考えにくいというのも気になるところです。

後はサービス自体の内容もあまりいいとは思っていません。

レンタル端末が届くまでに時間がかかることも多い

モバイルルーターのつなぎサービスの気になるところの1つは端末が
手元に届くまでに時間がかかる場合も多いということです。

インターネットお急ぎ便を調べてみるとレンタル端末の発送は最短即日
とあるのですが時間帯が明記されていません。

いつまでの申し込みをすれば即日発送になるのかがわかりません。
最短で利用できるという状況がわからないという不安があります。

しかも端末の配送も最短翌日とあるだけで当然ですが地域によっては発送から
1日で到着しないということも多いです。

つまりインターネットお急ぎ便が最短の翌日にネット接続できる可能性は
かなり低いと思います。

レンタルモバイルルーターは無料で使えない

モバイルルーターのレンタルがサイトによっては無料で出来る、と説明されていますが
実際には無料ではなく料金が必要です。

代理店によってはレンタル料金ではなく有料オプションに加入することが条件になるので
レンタル代金としては支払わないのですが、料金自体はオプション料金が発生します。

また別の代理店では通常のレンタル端末と同じくらいの月額料金が発生するので
それなら代理店を使わずに普通にレンタルをしたほうが安心です。

モバイルルーターのレンタルをする場合は1日400円程度、1ヶ月間の連続利用で
割引されても8,000円近くになります。

確かに開通までこの金額を払い続けるのはちょっとコストがかかりすぎると思いますが。
必要なときにだけレンタルすれば問題はありません。

それにインターネットお急ぎ便などを使う場合、代理店独自のキャンペーンが利用できず
キャッシュバックなどがないところを選ぶということになります。

それならば普通にモバイルルーターをレンタルしてキャッシュバックなどを使ったほうが
よりお得にインターネットを利用できると思います。

これらの理由から私はモバイルルーターのつなぎサービスをおすすめしません。

無線を使ったインターネットはすぐに開通できる可能性がある

つなぎ回線でも使われたモバイルルーターは無線を使ったインターネット接続回線です。
この無線電波を使った回線なら確かにすぐインターネットを使いたいならおすすめです。

ただし単純に無線を使ったインターネットと言うと今では2種類の意味があります。
1つは当然モバイルルーターでも使われている無線電波を使った接続方法です。

もう1つは無線LANを使ったインターネット接続方法で、こちらは主に固定回線に
無線LANルーターを接続して使うという方法になります。

どちらも無線電波を使ったインターネット接続方法ですが、それぞれに特徴があり
違った電波回線を使っているのです。

それぞれの無線を使ったインターネットの接続方法について、もう少し詳しく
調べてみることにします。

固定回線を無線LANルーターで分配する方法は初心者には厳しいところも

固定回線に無線LANルーターを接続すると、無線LANを使って回線を分配して
複数の端末でインターネットを同時に使えるようになります。

ルーターを使ってLANケーブルを使って回線分配をするのと同じで、使うのが
有線LANケーブルではなく無線LANというだけです。

日本では主にWi-Fiという規格の無線LANが使われているのでWi-Fiルーターと
言われることも多いです。

この無線LANは固定回線を分配することに使われるので基本的にはインターネットに
直接つなげることが出来ません。

無線LANルーターはインターネットモデム、ONUなどの回線終端装置とつなげて
使うということが必要になります。

このONUと接続するためにLANケーブルを使うのですが、差込口が初心者の場合
ちょっとわかりにくいという意見もありました。

それに基本的には設定が必要ないのですが、接続方法によってはルーターの設定が必要で
プロバイダのIDやパスワードの入力も必要になります。

無線LANルーターの設定は最近ではスマホでも出来るのですが、基本はパソコンが必要で
設定も初心者には意味がわかりにくいと思います。

無線LANルーターの設定さえしてしまえば後はスマホなどでWi-Fi接続するだけなので
簡単にできるのですが・・・

初期設定が意外に高いハードルになると思います。

モバイルルーターはスマホと同じ感覚で使える

モバイルルーターはスマホと同じように電波を使ってインターネットへの接続をする
持ち運びができる無線LANルーターというところです。

通常の無線LANルーターではLANケーブルを使ってONUと接続するところを
スマホと同じ電波で行っているという印象で構いません。

つまりモバイルルーターの電源をいれればすぐにインターネット接続ができる
という状態になります。

後は普通の無線LANルーターと同じでWi-Fi接続設定をすればいいので
問題なく使えると思います。

使い方としてはモバイルルーターのほうが初心者でもおすすめしやすく、わかりやすい
と思います。

ただ現在モバイルルーターでは大きく分けて2種類の回線が使われています。
それぞれに使う端末が違うので選んで契約する必要があるのです。

使われているのはLTE回線と独自回線のWiMAX2+です。
それぞれの回線の特徴なども詳しく確認してみます。

モバイルルーター回線の大きな違いはつながりやすさとデータ通信容量

LTE回線とWiMAX2+回線の大きな違いとはどんなことなのか。
大雑把に言えばつながりやすさとデータ通信容量の違いになります。

つながりやすさとはデータ通信ができる地域の広さや安定性です。
そしてデータ通信ができる、通信容量の違いもあります。

LTEとWiMAX2+ではこの点が大きく変わっているのですが、それを詳しく
説明していきましょう。

ちなみにどちらがいいのかわからない、初めて使うモバイルルーターなので
どちらもよくわからないと言うならまずは使ってみることもおすすめです。

両方とも一度使ってみればどちらが自分にあっているかがよくわかります。
まあそれも難しいところなのですが・・・

そこで初心者の方はまず2年契約から始めることがおすすめです。
プロバイダによっては3年契約をおすすめしますが、長いほどリスクが大きいです。

まず2年間使ってみて合わないと思ったら別の回線、プロバイダに変更したほうが
使い続けることでストレスをためるよりも遥かにおすすめできます。

LTEはスマホと同じ電波を使っているモバイルルーター

まずLTE回線ですがこれはスマホで使っている4G/LTEと全く同じ回線です。
低周波数帯の電波なので特徴もスマホと全く同じです。

それと基本的にスマホと同じ電波なので全国的にかなり広い地域で使える
という大きな魅力があります。

ただしスマホと同じなのでデータ通信容量には上限があります。
スマホでデータ定額パックを契約するのと同じように容量が決まっています。

そして決められた容量以上のデータ通信をすれば速度制限されるのも同じです。
LTEのモバイルルーターはデータ通信容量の消費に注意が必要になります。

では実際にLTE回線を使ったモバイルルーターを契約した場合、どれくらいの日数で
端末が届くのかプロバイダごとに調べてみましょう。

ワイモバイルは契約即日発送が可能

ワイモバイルでは契約手続き終了が平日なら16時、土日なら13時までに終了すれば
即日発送が行われています。

そして中国・四国地方、九州地方、青森県と北海道以外の地域では発送の翌日に到着。
つまり契約の翌日にはインターネットができるという状態です。

一応契約手続完了の時間という条件がありますが、かなり素早くインターネットの
利用ができるという状況です。

ヤフーWiFiは午前11時までに申込み完了で即日発送

ワイモバイルと同じポケットWiFiを提供しているヤフーWiFiでも即日発送ができます。
ただしこちらの場合は平日と土曜日の午前11時までの受付終了という条件です。

日曜と祝日には即日発送が行われていません。
それと申し込み手続き終了が午前11時までとちょっと制限が厳しいです。

即日発送ができれば、多くの地域で翌日には端末を受け取れるのでインターネットの
開通はそれなりに早いと思うのですが。

即日発送の条件がちょっと厳しいのがヤフーWiFiです。

ネクストモバイルはソフトバンク回線を使ったモバイルルーター

ワイモバイルが提供するポケットWiFiはイーモバイル回線とソフトバンク回線が
同時に使えるモバイルルーターです。

これに対してネクストモバイルで提供しているのはソフトバンク回線を使った
モバイルルーターです。

ちょっと違うのですが、ソフトバンクの4G/LTE回線を使っているのでLTE型の
モバイルルーターということになります。

そしてネクストモバイルでも即日発送ができます。
こちらは平日の13時までに契約手続きが終了した場合に発送手続きをします。

土日祝日は翌営業日の発送になりますが、13時までという制限はそれほど厳しくなく
十分に利用できるサービスだと思います。

ソフトバンクエアーは据え置き型のモバイルルーター

もう1つ、モバイルルーターとはちょっと違うのですが同じソフトバンク回線を使った
据え置き型のモバイル通信があります。

それがソフトバンクエアーという商品です。
名前の通りソフトバンクが提供するインターネット回線サービスです。

他のモバイルルーターと同じようにLTE回線を使っているのですが持ち運びができず
コンセントに挿して使う据え置き型のモバイル通信端末です。

まあ持ち運びができないモバイルルーター、というところでしょうか。
こちらの発送タイミングも確認してみます。

使っているのがソフトバンク回線なのですが、ソフトバンクエアーでは電波の状況を
契約者の利用住所ごとに確認してから端末発送をします。

そのために端末発送までに5日から7日程度の時間がかかります。
平均して開通するまでにかかるのは1週間程度になります。

こちらもちょっと特殊なモバイル通信なので後で説明したいと思います。

WiMAX2+は独自回線を使ったモバイルルーター

もう1つのモバイルルーター回線のWiMAX2+はスマホやポケットWiFiで使っている
4G/LTEとは違う周波数帯の電波を使ったモバイル通信サービスです。

高周波数帯の電波を使っているので一度にやり取りできるデータ通信容量が大きく
高速通信が可能という特徴があります。

ただしLTEほどアンテナがないので利用可能地域がちょっと狭くなります。
一応人口カバー率は90%以上と発表がありますが・・・

ちなみにLTE回線の場合、人口カバー率は99%以上なので人が住んでいる地域なら
ほぼどこでも電波がつながるという感じです。

WiMAX2+は政令指定都市の人口カバー率が99%なので主要都市での安定性が高い
という印象です。

Broad WiMAXは翌日発送だけど店頭受取が可能

ではWiMAX2+を提供しているプロバイダの発送タイミングも確認します。
まず最速で使えると思われるのがBroad WiMAXです。

こちらは契約申し込みの翌日に端末発送なのですが、もう1つの受け取り方法として
店頭での受け取りが可能です。

受け取り専用店舗の受け取りセンターが都内に2箇所、埼玉県と大阪府に1箇所ずつ
開設されています。

申込みの時に店頭受取を選んで、店舗の閉店2時間前までに契約手続きが終了すれば
後は閉店までに店舗に受け取りに行くだけです。

利用できる人は限られますが、契約した当日に端末を受け取ってすぐにネット開通が
できるのはBroad WiMAXの大きな魅力です。

GMOとくとくBBは即日発送が可能

色々なキャンペーン特典が魅力のGMOとくとくBBでもWiMAX2+サービスがあります。
こちらでは平日15時30分までに契約手続き終了すれば即日発送が可能です。

更に土日祝日でも14時までに手続き終了すれば即日発送が可能です。
ただし端末の在庫状況によっては即日発送ができないこともあります。

そしてWEB申込みの時に即日発送のチェックボックスにマークしない場合は
通常発送になるので注意が必要です。

通常発送は契約手続きから4営業日後に随時発送なのでかなり発送が遅れます。
時間的には余裕があるので即日発送の申し込みを忘れないようにしましょう。

BIGLOBE WiMAXは最短翌日発送

大手のプロバイダが行っているBIGLOBE WiMAXでは発送タイミングはどうなのか。
こちらは最短翌日に発送となっていました。

ただしBIGLOBE WiMAXではクレジットカードの他に口座振替にも対応しています。
口座振替の場合は支払い方法が確定してからの発送になります。

銀行口座の審査に1週間程度かかるので端末の発送はそれ以降になります。
すぐインターネットを使いたいならクレジットカードを利用しましょう。

ソフトバンクエアーはおすすめしにくいサービス

ソフトバンクエアーの説明を見ると無線電波を使った回線工事が必要ない回線で
無制限に使える、と宣伝されています。

でも実際にソフトバンクエアーを契約しようと思っても「対象地域外」と言われた
という意見が多く見られます。

これ実はソフトバンクエアーで使っている回線は普通のスマホで使っている
4G/LTEではなく系列会社のAXGPという回線なのです。

一応LTE回線なのですが対応している地域がとても狭く、ソフトバンク回線の
対象地域でもつながらないということも多いです。

そのためにソフトバンクエアーを契約するときには最初に住所による確認をして
利用可能地域の判断をする必要があるのです。

まあ最新の端末、ソフトバンクエアー3では通常の4G/LTE回線も使えるようになった
と説明していますが・・・

それでも利用可能地域をはっきりと説明していないのでやはり利用可能地域には
ちょっと問題がありそうです。

実際には無制限に使えるモバイル通信ではない

ソフトバンクエアーのもう1つの魅力、無制限に使えるというのも変わっています。
たしかに以前は制限なしだったのですが、最近利用規約が変わりました。

規約には「制限する場合がある」と明記されています。
つまりもう無制限で使えない可能性が高くなってしまったのです。

まあ無宣言に使えるAXGPエリア以外にも4G/LTEエリアを使うようになれば
制限せざるを得ないというはわかるのですが。

利用可能地域とデータ通信容量の両方に魅力が少なくなったソフトバンクエアーは
おすすめしにくいサービスになってしまいました。

すぐインターネットがしたいなら計画的に申し込みをすること

光回線など固定回線の場合は契約から開通までに時間はかかるのですが
引っ越しなどで回線契約するなら事前に予約をすることもできます。

新しく回線契約する場合でもモバイルルーターを上手に使えばインターネットが
できない時間というのは少なくできます。

インターネットの使い方によってはモバイルルーターでも十分と言うなら
モバイルルーターに乗り換えるという方法もあります。

モバイルルーターも即日発送や店頭受取ができるプロバイダを使えばかなりすぐに
インターネット開通が出来るようになります。

こちらも契約完了までの時間制限があるのでやはり申し込み手続きをきちんと
計画的に行う必要はありますが・・・

固定回線でもモバイルルーターでも契約手続きをきちんと考えておけば
インターネット開通までの時間は短くすることができると思います。

-インターネット・ポケットWiFiの即日開通

Copyright© 即日開通でサクッとネット契約 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.