インターネット・ポケットWiFiの即日開通

Wi-Fiを使って即日使えるインターネットを知りたい!

投稿日:

インターネット回線を申し込んだ場合、開通までに時間がかかるのが一般的です。
これをなんとか短くすることは出来ないのでしょうか?

例えばWi-Fiを使えばすぐに使えるインターネットがあるという話も聞きました。
そこでWi-Fiで即日開通できるインターネットを探してみたいと思います。

Wi-Fiを使っても即日開通できる回線は選ぶ必要がある

Wi-Fiを使ったインターネット回線は確かにすぐに使えるようになる、という印象は
とても強いと思います。

でもどんな状況でもWi-Fiを使えばすぐにインターネットを使えるようになる
ということではありません。

特に即日開通ができる、ということになるとWi-Fiを使ったサービスでもしっかりと
選んで契約することが必要になります。

そこで色々な状況のWi-Fiを使ったインターネット接続を調べてみて、即日開通が
出来るWi-Fiサービスを確認してみることにしましょう。

といっても普通に考えると固定回線にWi-Fiルーターを付けるという方法。
モバイルルーターを契約するという方法。

大きく分ければこの2種類の契約になると思います。
ではそれぞれの契約方法の特徴について考えてみましょう。

固定回線+Wi-Fiルーターは開通までに時間がかかる

まずは1つ目の方法、固定回線を契約してそこにWi-Fiルーターを接続する方法ですが
こちらはインターネット回線に固定回線を使います。

ADSLや光回線を使うので当然ですが固定回線開通までインターネットが使えません。
つまりかなり時間がかかるということに。

それに使っている回線が固定回線なのでWi-Fiルーターを接続しても電波が届く範囲は
ほぼ家の中ということになります。

基本的には自宅でスマホのパケット節約に使うという感じでしょうか。
特に即日開通とは程遠い開通速度になります。

一般的にADSLでは開通までに2週間程度、光回線なら開通まで1ヶ月程度かかる
と言われています。

開通してしまえばWi-FiルーターをつけるだけでWi-Fiを使えるようになりますが。
インターネット回線が使えるまで、ということならかなりの時間が必要です。

モバイルルーターはプロバイダによってサービス内容が違う

すぐにインターネットを使いたい、という場合には契約から開通までの時間が短い
モバイルルーターがおすすめです。

ただし契約から即日開通ということになるとモバイルルーターの中でもサービスを
選ぶことが必要になります。

モバイルルーターは基本的にLTE系の回線を使うポケットWiFiと
独自回線を使うWiMAX2+に分けられます。

そしてこれらの回線を提供するプロバイダがあるのですが、サービス内容では
このプロバイダによって大きく変わってくるのです。

基本的にモバイルルーターの場合はWEB上の公式サイトから申し込みをするので
使えるようになるのは端末が手元に届いてからということに。

この端末の発送のタイミングがプロバイダによって変わってくるのです。
まずはこの端末発送のタイミングを調べてみることにしましょう。

WiMAX2+プロバイダの端末発送は最短即日だけど時間の制限もある

WiMAX2+は大手プロバイダを始めかなりのところからサービス提供がされています。
そのプロバイダによって端末発送のタイミングが大きく変わってきます。

最短は当然ですが申込み当日、つまり契約即日発送ということになるのですが
この即日発送もプロバイダによってちょっと変わってくるのです。

つまり契約した日に必ず発送する、ということは出来ないので何時までに契約が
完了すれば即日発送できるという条件が違うのです。

そして端末発送のための契約完了には月額料金の支払い方法が確定することが
必要になるというプロバイダも多いです。

つまり月額料金支払いの確定が直ぐにできるクレジットカード支払いを選ぶ
ということが条件になるプロバイダがほとんどです。

まずはモバイルルーターの即日発送にはクレジットカード支払いが必須
と思ったほうがいいでしょう。

では実際に何時までに契約完了すれば即日発送ができるのか。
プロバイダごとの条件を確認してみます。

BIGLOBE WiMAXの場合は最短翌日発送

まずは日本でも大手のプロバイダ、BIGLOBE WiMAXの場合を確認してみます。
公式サイトでは契約の翌日発送と説明がありました。

こちらの場合もクレジットカードでの支払いの場合で、端末の在庫状況によっては
更に発送が遅くなるようです。

つまり手元に届いて回線が開通するまでは最短2日ということに。
それもかなり配送が順調に行けばということになりそうです。

一応公式サイトでは開通までの時間は2日から1週間程度とありました。
感覚的には2日で開通ならラッキー、というところでしょうか。

So-netの場合も最短翌日発送

大手の通信サービス提供をしているプロバイダの一つ、So-netでもWiMAX2+の
提供を行っています。

こちらの場合の端末発送タイミングも調べてみましょう。
公式サイトでは申込みの最短翌日に端末発送とありました。

基本的にはBIGLOBEと同じで即日発送をしていないようです。
つまり手元に届くのも同じ2日後から1週間後ということに。

ただしSo-netの場合は発送の目安が申込みから2日から3日後とありました。
基本的に翌日発送というのもかなり難しいということでしょうか。

@niftyでは端末到着が最短4日後

もう1つ通信サービスの大手、@niftyのWiMAX2+サービスも確認してみます。
こちらでは端末発送のタイミングが他の大手プロバイダよりもかなり遅くなっていました。

公式サイトを確認してみると端末が手元に届くのは最短4日後、とありました。
つまり端末発送は最短でも契約から3日後ということに。

そこから発送するので地域によっては1週間以上開通までに時間がかかるということも
あると思います。

公式サイトでも説明がありましたが、申込みの翌月に開通という可能性もあります。
@niftyの場合は申込みのタイミングにも注意する必要がありそうです。

GMOとくとくBBは即日発送の申込時に注意

高額キャッシュバックなど魅力的な特典が多いという印象が強いGMOとくとくBBも
WiMAX2+のサービスを提供しています。

こちらの発送タイミングを調べてみると最短契約即日発送が出来るとありました。
ただし申込時にちょっと注意が必要になりそうです。

公式サイトで確認すると契約手続き終了が平日15時30分まで、土日祝日は14時まで
という条件がありますが契約の当日に即日発送ができるそうです。

契約手続き終了には月額料金の支払い方法の確定も含まれるのでクレジットカードでの
支払いが必須ということになりそうです。

そしてWEBからの申込みではサイト内で必要事項を記入するのですが、この時に
発送方法の指定もすることになっています。

この発送方法の指定が最初は通常発送になっています。
これを即日発送に切り替えることが必要になります。

ちなみに通常発送は契約手続き終了後4日から順次発送ということになります。
大手プロバイダよりもゆっくりと発送手続きをすることになっています。

この発送方法の切り替えを忘れると開通までにかなり時間がかかるので注意しましょう。

Broad WiMAXでは店頭での受け取りが可能

もう1つちょっと特徴的な端末の受け取りができるプロバイダがありました。
それがBroad WiMAXというプロバイダです。

端末の発想自体は大手プロバイダと同じ契約終了の翌日が最短の発送です。
手元に届くのは最短2日後という説明でした。

でもBroad WiMAXでは他にも端末の受け取り方法があります。
それが店舗での受け取りです。

Broad WiMAXでは受取専門の店舗を展開しています。
そちらで直接受け取ることが出来るのです。

つまり契約当日に受取可能で、すぐにインターネット開通ができます。
ただし条件があるのですが・・・

後ほどこのサービスを確認するとして、一応発送自体は翌日になります。

ワイモバイルは最短当日発送可能

もう1つのモバイルルーター、LTE型のポケットWiFiのプロバイダについても
確認をしてみます。

元々の提供元、イーモバイルから変わったワイモバイルの場合はオンラインショップで
最短即日発送が可能になっていました。

平日16時、土日は13時までに申し込み手続きが終了した場合に即日発送で
端末の配送をしてもらえます。

発送日数も四国、九州地方、中国地方、北海道と青森県以外なら翌日到着が可能で
多くの地域で契約完了翌日には開通ができると思います。

配送予定日数まで詳しく公式サイトで説明しているのが珍しいと思いました。

Yahoo!Wi-Fiでも最短即日発送可能

ポケットWiFiはYahoo!Wi-Fiでもサービスの提供がされています。
こちらの発送時間も確認してみます。

公式サイトでは契約完了が11時までなら即日発送で、最短翌日には開通可能
と説明されていました。

ちなみに日曜と祝日は行っていないそうです。
平日と土曜日には即日発送ができるというちょっと変わっているサービスです。

一応即日発送はできるのですが、他のプロバイダに比べると時間的な制限が
ちょっと厳しいという印象です。

ただしやはり地域によってですが、契約の翌日には回線開通ができるというのは
かなり魅力的に感じると思います。

家電量販店でのモバイルルーター申込みは魅力が少ない

モバイルルーターの申し込みをする場合に端末を手渡しでもらうことができれば
即日開通も出来るようになります。

普通のプロバイダでは通常店頭での取扱というのがないので基本的には郵送
つまり最短でも即日発送の翌日受け取りということになります。

でも家電量販店でモバイルルーターの売り場を見たことはないでしょうか?
家電量販店では店頭受け渡しでモバイルルーターの契約が出来るのです。

こちらで契約をすれば手続き終了後すぐに端末を受け取ることができます。
契約から数時間でインターネット開通ということになるのですが・・・

はっきりいうと家電量販店での申し込みには魅力が少ないです。
特に料金的な魅力がほとんどなく、プランによっては高くなってしまいます。

まずは家電量販店でモバイルルーターの契約をした場合の月額料金について
確認してみることにします。

BIC WiMAXでは月額料金の割引がない

大手家電量販店のビックカメラでモバイルルーターの新規加入申し込みをした場合
プロバイダはビックカメラのサービス部門になります。

例えばビックカメラでWiMAX2+の申し込みをするとプロバイダはBIC WiMAXという
プロバイダになります。

こちらではWiMAX2+で加入できるプランは一つだけ、月間データ通信容量制限なしの
BIC定額ギガ放題というプランのみになります。

これはWiMAX2+プロバイダのギガ放題プランのことで、普通はこれ以外にも
データ容量7GB上限のライトプランがあります。

でもBIC WiMAXではギガ放題プランのみで月額料金には割引がありません。
2年契約で月額4,380円という料金です。

一応長期割として25ヶ月間500円の値引きがされますが、これは他のWiMAX2+を
提供しているプロバイダでも行われるサービスです。

つまり普通の月額料金で契約するということになります。
しかも選べるプランは1種類だけです。

他のWiMAX2+プロバイダでは月額料金の割引やキャッシュバックなどのキャンペーンも
展開されているのですが、それが全くありません。

店頭受け渡し以外の魅力がないというのが私の印象です。

ヨドバシカメラはプランなどは選べるが月額料金の割引はない

もう1つの大手家電量販店のヨドバシカメラでもモバイルルーターのサービスを
確認してみます。

こちらも同じようにWiMAX2+のサービスを調べてみます。
ヨドバシカメラWiMAXというサービスが提供されていました。

ヨドバシカメラWiMAXでは選べるプランがギガ放題と7GBプランが選べました。
契約年数も2年、3年、4年と選べるようになっています。

選択肢が多いのは契約するときには嬉しいのですが、月額料金には割引が無く
ギガ放題プランは月額4,730円です。

7GBプランは月額3,991円で、ギガ放題プランでも最初の3ヶ月だけは
3,991円で使うことが出来るようです。

ただし4年契約をした場合は月額料金がギガ放題でも7GBプランと同じ料金
つまり月額3,991円で使えるようになります。

まあ4年間も継続して契約する意味があまりあるとは思えませんが。
以前なら2年毎にプロバイダを変更してキャンペーン特典を使ったほうがお得でした。

最近ではどこのプロバイダも3年契約が多いので4年契約をしてもそれほど大きな
デメリットがあるとは思えないのですが・・・

ただやはり月額料金に関してはほとんどのプランで割引がなく、魅力はありません。
3ヶ月間だけの割引率も他のプロバイダの割引率よりも悪くなっています。

一応ヨドバシカメラの場合は提携しているワイヤレスゲートという公衆無線LANの
利用も無料になるという特典があります。

でも普通モバイルルーターを持っていて公衆無線LANスポットを使うということは
少ないと思います。

家電量販店の「まとめてプラン」に注意

家電量販店でWiMAX2+の契約をする時に一緒に家電を購入すると、購入した家電を
割引できるという特別プランを展開している店舗があります。

50,000円分のポイント還元、20,000円分の店舗独自の商品券など割引の方法は
色々あるのですが共通しているのは特別な月額料金プランに加入すること。

それがまとめてプランという月額料金プランです。

まとめてプランでWiMAX2+の加入をすると料金明細に次のように支払いされている
という記録が残っています。

月額料金4,730円の他にまとめてプラン1,670円の合計6,400円がWiMAX2+の
利用料金として支払われているのです。

これはヨドバシカメラの場合ですが、他の家電量販店でも行われていることがあり
やはり通常のWiMAX2+の月額料金よりも高くなっていました。

つまりまとめてプランで家電を購入した場合は1,670円の24回払いを普通にしている
ということになるのです。

たとえ家電が5万円割引されていても、50,000ポイント還元されていてもその料金は
WiMAX2+の月額料金と一緒に4万円以上支払っているということになります。

モバイルルーターの月額料金も家電の割引もあまり期待が出来ないので
家電量販店での加入に、私は魅力を全く感じませんでした。

Broad WiMAXは魅力的なサービスがあるけど有料オプションが気になる

店頭で受け取りができる、という先程のBroad WiMAXのサービスは家電量販店と
同じように契約当日に開通ができるという魅力があります。

それに公式サイトを確認してみると「バイク便はじめました」という広告もありました。
かなり即日開通に関しては期待が出来るプロバイダだと思います。

そこでBroad WiMAXの店頭受取に関して調べてみることにします。
まずは受け取りができる条件ですが受取店舗には営業時間があります。

10時から19時という営業時間外に申し込みをした場合は当然翌日の受け取りに。
営業時間内でも受け渡し確認メールが届くまでに最低2時間程度かかります。

つまり営業時間終了の2時間前までに申込みが完了して、営業時間内に店舗に
受け取りに行くことができるというのが条件になります。

ちなみにバイク便に関しては条件も違うのでここでは説明をしません。
そしてBroad WiMAXでは初期費用というコストの高さが問題になります。

通常WiMAX2+契約では回線契約の事務手数料として3,000円が必要です。
これはどこのプロバイダも同じなのですが・・・

Broad WiMAXではこの事務手数料の他に初期費用が必要になります。
しかも初期費用は18,857円とかなり高額です。

一応初期費用を0円にするキャンペーンもあるのですが、その条件として
有料オプション2種類に加入することとWEB申込みでの申し込みが必要です。

この条件をクリアして初期費用を0円にしないとコストがかかりすぎて即日開通の
魅力が薄くなってしまうのです。

店舗受取りの条件がそれほど厳しくないのですが、初期費用無料の条件が厳しく
ちょっと気になるところではあります。

初期費用無料に必要なオプションを解約するのはそれほど手間じゃない

初期費用無料のための条件になる有料オプションは「安心サポートプラス」と
「My Broadサポート」の2種類です。

安心サポートプラスはモバイルルーター端末の故障修理などに関する保障で
月額550円です。

My Broadサポートは電話や遠隔操作による有料サポートダイヤルです。
こちらは月額907円です。

これにWEBの入力フォームからの申込みとクレジットカード支払いをする
という条件がクリアできれば初期費用が無料になります。

実際に端末が手元に来た後は有料オプションを解約しても初期費用は無料のまま
ということですぐに解約することをおすすめします。

ただし安心サポートプラスには無料期間がないのですぐに解約しても550円は
支払いが必要になります。

そして解約手続きですが基本的には電話で手続きなのですが実はユーザーサイトでも
オプションの解約をすることが出来ます。

Broad WiMAXのユーザーサイトはユーザーIDとパスワードで入れるので
そちらからオプションの変更をすれば大丈夫です。

Broad WiMAXからオプション変更の確認メールが届くので、それが届いたら
有料オプションの解約ができたということです。

ちなみにBroad WiMAX自体の解約はユーザーサイトからは出来ないので
必ずサポートダイヤルに電話が必要、というちょっと面倒なことになります。

受け取り専用店舗は4箇所、バイク便は条件がとても厳しい

ではBroad WiMAXで直接受け取りができる店舗はどこにあるのか。
全国でも4箇所にしかないのである意味ではかなり条件が厳しいです。

受け取りセンターと言う店舗なのですが、東京都の渋谷と秋葉原にあります。
それと埼玉県の大宮と大阪府の梅田の合計4店舗のみです。

都内の人なら受け取りに行くための時間と電車賃を考えても使いやすいのですが
地方都市の場合はかなり厳しい状況だと思います。

そして自宅で受け取りができるというバイク便ですが、公式サイトを詳しく見ると
法人用サイトでは法人のみのサービスとして紹介されていました。

一般向けのサイトでも電話からの申込みのみのサービスと紹介されていますが・・・
基本的には気軽に申し込みができるサービスではありません。

それに電話申込のみなので初期費用無料の条件から外れてしまいます。
18,857円が必要になるという大きなデメリットが出来ます。

そして対応しているのは東京23区のみで、バイク便の出発点は秋葉原の受け取りセンター。
ここからの距離によってバイク便の料金が変わります。

それに申し込みは12時まで、これをすぎると当日にバイク便での配送をすることは
できなくなります。

自宅の場所にもよりますが、自宅で受け取りができるというだけで初期費用がかかり
送料に数千円という大きな負担が必要になります。

そして多分都内なら電車を使って渋谷か秋葉原に行って受け取りをしたほうが安くて
初期費用無料にも対応できるのですが・・・

条件的にもバイク便は個人で使うにはあまり実用的ではないと思います。

即日開通にこだわるならBroad WiMAXの店舗受取り

即日開通ができるWi-Fi利用のインターネット回線なら固定回線とWi-Fiルーターは
問題外です、開通までに時間がかかりすぎます。

即日開通にこだわるならBroad WiMAXの店舗受取りということになりますが
時間と場所という条件が厳しい人もいると思います。

WiMAX2+だけではなくポケットWiFiも含めて即日発送というプロバイダは多いので
最短翌日に回線開通が出来るサービスなら多く選ぶことが出来ます。

やはりインターネットの即日開通というのはかなり厳しいという状況ですが
サービスを選べば一応可能だと思います。

-インターネット・ポケットWiFiの即日開通

Copyright© 即日開通でサクッとネット契約 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.