知って役立つネットの豆知識

LTEとWiMAXはどう違う?どっちが速くてつながりやすい?

投稿日:

最近では固定回線の代わりに使うことが出来るとかなり評判になっているのが
モバイルルーターという端末です。

電波を使っているので回線工事が必要なく、契約してからすぐに使えるというメリットが
人気の理由ですが回線には詳しくないという人も多いと思います。

モバイルルーターに使われている回線の種類やその特徴についてちょっと調べてみました。

LTEとWiMAX2+は使っている電波の周波数が違う、全く別の電波

現在日本で取り扱われているモバイルルーターに使われている電波は2種類です。
それがLTEとWiMAX回線です。

LTEは聞いたことがあるという人も多いと思いますが、スマホなどで使われている
電波がこのLTEです。

まあ詳しくは4G/LTEという別の電波なのですが使われ方が一緒なのでここでは
同じ電波として説明していきます。

そしてもう1つ、LTEとは違う周波数帯を使っている電波がWiMAX回線です。
現在は改良されてWiMAX2+という回線になっています。

この電波の周波数体が違う、というのは簡単に言うと電波の波長が違うということ。
ラジコンで言うチャンネルが違うということなのですが・・・

こちらも大雑把に言えば受信できる機材が違うので別の端末が必要ということに。
ただWiMAX2+に関してはちょっと違うのですが。

このようにLTEとWiMAX2+というのは全く別の電波回線で、それぞれに対応した
モバイルルーターが必要と考えておいてください。

通信速度はWiMAX2+のほうが出やすい

ではそれぞれ別の電波を使ったモバイルルーター、LTEとWiMAX2+では
どちらのほうが通信速度は速いのでしょうか。

結論から言ってしまえば最高速度はWiMAX2+のほうが速いです。

端末によっても通信速度が変わりますが、WiMAX2+では下り最速758Mbpsが
最高速度になります。

LTEでは公表されているところではワイモバイルのポケットWiFiが
下り最速612Mbpsとなっていました。

ただしスマホに関してはソフトバンクやドコモが次世代通信規格の開発もしていて
すでに下り最速700Mbpsを超える通信ができていると発表しています。

実際にドコモのプレミアム4Gでは下り最速1288Mbpsと正式発表されています。
そして対応端末も発売されていました。

まあ4Gプレミアムは対応地域が狭いこととドコモのモバイルルーターは
月額料金が高くて使いにくいという大きなデメリットもあるのですが。

申込みがしやすくて使いやすいモバイルルーターということではポケットWiFiより
WiMAX2+のほうが通信速度が速くなる可能性が高い、ということです。

つながりやすいのはLTEのモバイルルーター

では次に使える地域、繋がりやすく安定しているのはどちらでしょうか。
こちらは人口カバー率という数値で比べてみます。

人口カバー率というのは携帯キャリアが発表している居住地域の割合です。

正確に言うと日本の総人口に対する携帯電話サービスが利用できる市町村人口の
割合ということになりますが。

ちなみにドコモの携帯電話の通話用電波は人口カバー率100%です。
つまり全国どこでも通話ができる、ということになります。

単純に電波が届く地域の範囲、という意味のつながりやすさになりますが
これはLTEのほうが99%と高い数値になっています。

WiMAX2+も90%以上という発表がありますが、詳しい数値は94%以降発表が
行われていません。

そして政令指定都市では人口カバー率99%と発表があったので中心都市なら
つながりやすいという意味だと思います。

この事から旅行で地方都市に行った時に使える可能性が高いのはLTEの
モバイルルーターという事になります。

LTEはどんな地域でも安定して使えるモバイルルーターの電波

では次にそれぞれの電波の特徴的なものを確認していきます。
まずはスマホでも使われているLTEの特徴を調べてみます。

ソフトバンクの宣伝でも使われていましたが、LTEは低周波数帯のプラチナバンド
という電波が使われています。

電波的な特徴は色々とあるのですが通信で重要なのは地表近くの低いところを飛んで
直進性が高く障害物を避けやすいということ。

基本的には安定性を求められているようで、室内や高層ビルの間など電波が届きにくい
と言われるところでも安定して電波受信ができます。

その理由は電波が直進しようとする力が強く、障害物があった時にそれを避けて進む
という特徴があるためです。

電波自体も地表近くを通るために道などでも電波が受信しやすいということに。
まあ歩きスマホが問題になっている現状ではこれがいいこととは言いにくいのですが。

それにLTEを使っているドコモのXiやソフトバンク回線も使えるポケットWiFiなら
全国の広い地域で使えるという魅力もあります。

どんな状況でも電波の受信がしやすいというのがLTEの大きなメリットです。

データ通信容量の上限がありキャリアのモバイルルーターは月額料金が高い

ではLTEのデメリットも考えてみることにします。
回線的にはデータ通信容量の制限があるのはちょっと厳しいところです。

スマホと同じ回線なので回線の独占を防ぐために通信を多くする人に対して速度制限を
かけるという措置をとることがあります。

それがデータ通信容量でLTEを使ったモバイルルーターの場合は月7GBが上限で
それを超えると通信速度が下り最速128Kbpsまで制限されます。

最近のスマホではデータ通信容量の上限を自分で選ぶことが出来るデータパックを
契約するという形ですが、モバイルルーターは違います。

まあドコモの場合はスマホと同じようにデータパックを選べるのですが、ドコモは
月額料金が高いのでモバイルルーター契約自体をおすすめしにくいです。

一応ソフトバンクとイー・モバイルのLTEを使えるポケットWiFiでは特定地域で
データ通信容量上限なしというプランの提供もあります。

でも対応している地域がとても狭く、対応端末を使ってモード変更が必要という
かなり面倒くさいサービスなのでこちらもおすすめしにくいです。

一応ソフトバンク回線を使って月20GBと30GBという大容量のモバイルルーターを
提供しているネクストモバイルというところもあるのですが、やはり上限はあります。

ネクストモバイルは20GBという大容量プランでも月額3,000円以下なので
コスパもよくおすすめはしやすいのですが・・・

私の印象としてはスマホのサブ回線としてLTEのモバイルルーターを契約する
という印象が強いです。

LTEのモバイルルーターはあまり動画などを見ない、ライトユーザーにおすすめ

回線としての安定性は高く、どこでも使えるというのはかなり大きな魅力です。
それは室内でも変わらず使えるということにもなります。

問題としてデータ通信容量の上限がありますが、元々あまりインターネットを使わない
スマホでも十分という方にはサブ回線としてもおすすめしやすいです。

自宅にいるときのスマホのパケット節約で使いたいと言うなら安いプランでも
十分に対応できると思います。

これらを踏まえて私がLTEのモバイルルーターをおすすめするのはインターネットを
それほど使わないライトユーザーです。

ポケットWiFiの安いプランなら3,000円以下で加入できるところもありますし
ネクストモバイルなら通信速度が下り180Mbps程度ですが20GBの大容量です。

動画を見ないならそれほど通信速度も気になりませんし、ライトユーザーなら
十分に満足できると思います。

高速通信が出来るのはWiMAX2+の大きな魅力

ではもう1つのモバイルルーター回線、WiMAX2+についても調べてみます。
こちらの特徴は高速通信が出来ることです。

次世代の4G通信と違って対応地域全てで下り最速440Mbps以上の通信ができます。
端末を選べば下り最速758Mbpsというかなりの高速通信ができます。

これはLTEとは使っている電波が違うことも原因の1つです。
WiMAX2+では高周波数帯の電波を使っているのは説明したとおりです。

この高周波数帯電波は一度に運べるデータ量が多いという特徴があります。
つまり同じ時間でやり取りできるデータ量がLTEよりも多くなります。

短い時間で多くのデータ通信ができる、これが高速通信が出来るということに。
最高速度だけを見れば光回線とあまり変わらない通信速度になっています。

そしてWiMAX2+では月間データ通信容量上限なしというギガ放題プランが
提供されています。

こちらはスマホのようにデータ通信の上限を決めずに制限無しで通信ができる
というプランです。

まあ直近3日間で10GB以上通信をするとやはり速度制限されてしまうのですが。
完全無制限ではないというのはちょっと残念です。

ただしこのギガ放題は接続可能地域の全てで契約することができます。
特定地域だけではないので、契約可能な地域ならどこでもいいのです。

高速通信と月間データ通信容量無制限がWiMAX2+の特徴であり大きな魅力です。

安定性はLTEに劣るので地域によっては高速通信が体感できない

ではLTEと同じようにデメリットも確認してみます。
WiMAX2+の場合は高速通信ができる電波のデメリットがそのまま影響を受けています。

高周波数帯の電波は大容量の通信が出来るのですが、障害物で反射しやすくなります。
つまり壁などで反射してしまい、通信が届かないという状況になることも。

昔は室内でのWiMAX2+の利用は絶望的につながらないと言われました。
ただしこちらはアンテナの改善もありかなり安定してきてはいます。

しかし電波が安定しないところではせっかくの高速通信ができる電波もノイズが多くなり
データを運ぶことができる容量が少なくなってしまいます。

通信が安定しなければ特徴である高速通信が体感できないのです。

それに利用可能地域でも説明しましたが、実際にWiMAX2+の人口カバー率は94%程度
と言われています。

地方都市では安定して通信ができる地域はちょっと少なくなりそうです。
政令指定都市なら人口カバー率も99%になるのですが・・・

WiMAX2+の魅力を引き出せるのは中心都市で使った場合、ということになりそうです。

WiMAX2+は動画などをよく見るヘビーユーザーにおすすめ

ではWiMAX2+をおすすめするのはどんなユーザーか。
まあ特徴通りに動画などをよく見るヘビーユーザーにはおすすめです。

月間データ通信容量の上限なしプランがあるのでスマホのパケットが足りずに
いつも追加料金が必要になると言うなら間違いなくおすすめです。

モバイルルーターなら持ち運びもできますし、ギガ放題プランは月額4,000円くらい
という金額ですがスマホのデータパックを小さくすれば問題ないかと。

しかも追加料金を支払っているなら新規加入特典で割引されたWiMAX2+のほうが
安くなる可能性は高いと思います。

利用できる地域の問題、電波の安定性などの問題があるのでできればWiMAX2+の
お試しを申し込んで無料レンタルで使ってみることがおすすめですが。

ヘビーユーザーなら通信コストの軽減も含めておすすめしやすいのが
WiMAX2+のモバイルルーターです。

LTEとWiMAX2+は使い方に合わせて選ぶのがおすすめ

LTEとWiMAX2+は使っている電波の違いからそれぞれに特徴のある、違いのある
モバイルルーターのサービスを提供しています。

どこでも繋がりやすくて高速通信が出来て、データ通信容量を気にせずに使える
というモバイルルーターは現在の所ありません。

そこでLTE、ポケットWiFiやWiMAX2+をそれぞれの特徴を基準にして自分の
使いやすい端末を選んで使うことがおすすめです。

それに遅いと言ってもポケットWiFiでも普通にインターネットを使うために必要な
通信速度は十分に確保できるはずです。

安定しないと言っても室内でWiMAX2+が全く繋がらなくなるということは最近では
なくなっています。

どちらの特徴も「比較した時にどっちがいいのか」という視点で説明しました。
普通に使う分にはどちらでも大きな問題はないと思います。

それを踏まえた上で、自分の使い方にあったモバイルルーターを選ぶことを
私はおすすめします。

-知って役立つネットの豆知識

Copyright© 即日開通でサクッとネット契約 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.