知って役立つネットの豆知識

LTE、WiMAX、ポケットWiFi、モバイルルーター、などWiFiの用語解説を詳しく聞きたい

投稿日:

タブレットPCやノートPCなど屋外でも使えるパソコンが普及してきました。
ただしこれらをどこでもインターネットに接続するにはもう1つ重要なものが必要です。

それがモバイル通信と言われるものですが、このモバイル通信のことを
ちゃんとわかっているという人はあまり多くありません。

特にWi-Fiと混同している人も多いようなので、Wi-Fiに関係する用語の解説を
してみたいと思います。

LTEなどの電波を使ったインターネット回線がモバイル通信

モバイル通信というのはかなり簡単に説明すれば電波を使ったインターネット回線のこと。
多分一番わかり易いのはスマホを使ってインターネット接続するようなものです。

そして無線を使ったLAN接続をする時に使うのがWi-Fiです。
LANとは機材と機材を結んでいる回線なので基本的にインターネットには繋がりません。

ちょっと詳しく言うとWi-Fiとは無線LAN規格の1つなので個人的なネットワークで
使われている電波なのです。

つまり「Wi-Fiがあればインターネットに接続ができる」というのは間違いです。

でもモバイル通信を使ってインターネット接続できる端末とWi-Fiを使って接続すれば
インターネットに繋げることが出来るのです。

そしてこのモバイル通信で使われる電波にはスマホで使われているLTEや
独自規格のWiMAX回線などがあります。

このLTEやWiMAX回線を使ってインターネット接続が単体でできるWi-Fiルーターが
モバイルルーターと言われる端末です。

かなりざっくりと説明したので、それぞれの用語についてもう少し詳しく開設を
していきます。

LTEはスマホやポケットWiFiで使われる回線

多くの方がスマホを使っていると思いますが、このスマホで使われているのが
LTEという回線です。

正しくは色々と種類があるのですが、4G/LTEと書かれているのを見たことは
ありませんか?

これがスマホで使われている電波回線で、主にインターネット接続に使われている
回線です。

そしてスマホと同じようにこのLTEを使ってインターネット接続ができる
モバイルルーターという端末があります。

スマホと同じ回線を使っているので端末単体でインターネット接続ができます。
ただしスマホと違って端末に画面がないのでこれだけでは楽しめません。

でもモバイルルーターには無線LANという他の機材とネットワーク接続できる
電波が搭載されています。

これは通常LANケーブルを使って接続するところを電波で接続できるので
かなり手軽に端末同士をつなぐことができます。

この無線LANという電波規格の1つがWi-Fiです。
つまりモバイルルーターはWi-Fiを使って別の端末をインターネット接続できます。

モバイルルーターにも種類があるのですが、その1つがポケットWiFiで
こちらはLTEを使ってインターネット接続をしています。

これでLTEとWi-Fiの違いというのがちょっとわかってもらえたかと思います。

WiMAXはLTEとは別のモバイルルーター回線

そしてモバイルルーターにはもう1つ、別の回線を使った物があります。
それがWiMAX2+というモバイルルーターです。

LTEはスマホでも使われている電波ですがWiMAX回線は独自周波数を使った回線で
現在WiMAX2+でしか使われていません。

LTEと違った高周波数帯電波を使っているのでちょっと特徴が違うのですが。
とにかくLTEと同じでインターネットへの接続ができます。

以前はWiMAXという回線だったのですが、バージョンアップして今はWiMAX2+
という名前に変わっています。

名前が変わっても同じモバイル通信なのでインターネット接続はできます。
端末にはWi-Fiも搭載されているので他の端末をつなぐこともできます。

モバイルルーターはLTEとWiMAX2+の2種類がある

ここでモバイルルーターについて簡単にまとめてみます。
モバイルルーターはLTEやWiMAX2+を使ってインターネット接続する機材です。

電波を使ってインターネット接続するので、野外でも電波が届く地域ならどこでも
インターネットに接続が出来るようになります。

そしてモバイルルーターにはWi-Fiという無線LANの装置がついているので
Wi-Fiを使って他の機材、タブレットPCなどとつなげることができます。

つまりモバイルルーターとWi-Fiでつなげた機材は、それ自体にインターネットへの
接続する能力がなくてもインターネット接続が出来る様になるのです。

そしてモバイルルーターでは使っている電波によってLTEをつかうポケットWiFiと
WiMAX2+に分かれている、ということです。

屋外でインターネット接続できる端末を全て「ポケットWiFi」と思っている人もいますが
それは「モバイルルーター」なので間違えないようにしましょう。

Wi-FiはLANケーブルを使わずにネットワーク構築ができる電波

では次に、先程から多くでているWi-Fiについても解説したいと思います。
軽く説明しましたが、Wi-Fiとは無線LAN規格の1つです。

無線LANというのは名前のとおりに無線を使ったLAN規格のことです。
LANとはローカルエリアネットワーク、つまり狭いネットワークのことです。

このLANを作るために使われる端末同士の接続規格自体をLANと呼んでいます。
LANケーブルを使ってパソコン同士を繋げばデータの共有ができます。

そしてこのLANケーブルは光回線のモデムとパソコンをつなぐ時にも使われます。
最近ではほとんどのパソコンで標準装備されるようになった端子でもあります。

このLANケーブルは複数のパソコンをつなぐときにはルーターという機材を使って
回線の分配をします。

例えばインターネットモデムをルーターに繋げば、ルーターから複数のパソコンを
インターネットに接続できるようになるというわけです。

ただルーターに多くのパソコンからLANケーブルを伸ばすとかなり邪魔になります。
ルーター周辺がコードでゴチャつくという状態になるはず。

これを解消できるのが無線LANを使ったネットワークです。
LANケーブルの代わりに無線の電波を使ってルーターと接続するのです。

当然ルーターに無線LANの機能が必要で、パソコンにも電波を受信する機能が必要です。
そしてこの電波の種類の1つがWi-Fiというわけです。

このWi-Fiというのは世界統一規格なので対応している機材ならどこの国の商品でも
問題なく接続させることができます。

機材同士をつなぐ電波がWi-Fiということがわかってもらえたでしょうか。

Wi-Fiルーター、無線LANルーター等呼び方は色々

先程のインターネット回線分配の場合、パソコンなどLANケーブルに対応している
端末なら普通のルーターでもそれほど大きな問題はありません。

でもタブレットPCやスマホでは普通のLANケーブルには対応していません。
そこで注目されるのが無線LANということです。

ルーターに無線LANの装置があればLANケーブルの挿せないスマホでもルーターを
通してインターネットへの接続ができます。

この無線LANの装置をつけたルーターを無線LANルーターやWi-Fiルーターと
呼んでいます。

実際に無線LANにはWi-Fi以外の規格もあるのですが、日本国内ではWi-Fi以外を
使っている商品はほとんど見られません。

まあ日本ではWi-Fiイコール無線LANと言っても問題はないかと。
つまり無線LANルーターもWi-Fiルーターも同じものです。

公衆無線LANスポットを使えばインターネット接続が出来る

Wi-Fiというのは端末同士をつなぐだけの回線でインターネットへの接続はできない
というのが説明になるのですが・・・

実はWi-Fiを使ってインターネットに接続する方法もあります。
それが公衆無線LANスポットです。

こちらもWi-Fiスポット等色々な呼び名があるのですが、簡単に言うと
誰でも使える大規模なWi-Fiルーターを使ったインターネット接続です。

役所の待合所や駅構内やホーム、ファーストフード店やファミレスなどでも
設置されている無料のインターネット接続回線という感じでしょうか。

公衆無線LANスポットでは接続にセキュリティをかけていないWi-Fiが
あるのでそれをスマホなどで繋げばインターネットへの接続ができます。

店の中などでWi-Fiルーターを一般に開放しているという感じでしょうか。
誰でも接続できてインターネットを使うことが出来ます。

一部では月額料金が必要なサービスもありますが、公共の場所にある
無線LANスポットならほとんどが無料で使えます。

移動ができない、使える場所が限られる、セキュリティやウイルスプログラムなど
問題はあるのですが確かに便利な設備ではあります。

ここならWi-Fi対応のスマホやノートPCなどを持っていればネット接続可能なので
Wi-Fiだけでもインターネットが出来るということになります。

ポケットWiFiやWiMAX2+は固定回線の代わりに使う人も増えている

今まではインターネット回線といえばADSLや光回線等の固定回線という考えが
多くありましたが、最近ではモバイルルーターも注目されています。

特にWiMAX2+では月間データ通信容量制限なしというプランもあります。
これを固定回線の代わりに使っているという人も増えているようです。

ポケットWiFiならスマホと同じLTEを使っているので全国的にかなり広い地域で
インターネット接続が出来るようになります。

固定回線で必要な回線設置工事の時間などを考えるとモバイル通信のほうが気軽で
素早くインターネット開通ができるという魅力もあります。

まあデータ通信容量の上限という制限もあるので注意が必要ですが。

それぞれの用語の意味がわかれば、こんな文章の意味もわかりやすくなり
多くの情報が吸収できるようになります。

確かに間違えやすい用語もありますが、それほど難しいことはないと思います。
モバイル通信のメリットももっとわかりやすくなったのではないでしょうか。

-知って役立つネットの豆知識

Copyright© 即日開通でサクッとネット契約 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.