知って役立つネットの豆知識

プロバイダとインターネット回線の違い、仕組みについて詳しく知りたい!

投稿日:

日本での普及率が100%を超えていると言われているのがインターネットです。
でもインターネットについてちゃんとわかっている人はどれくらいいるのでしょうか?

例えばインターネット回線とプロバイダの違いをちゃんとわかっている、という人や
インターネットの仕組みをきちんと把握しているのはどれくらいなのでしょうか。

今更人に聞けないインターネット回線やプロバイダの違いなどを改めて確認してみます。

インターネット回線とプロバイダは別々に契約する必要がある

まずは「インターネットを使うためには何をすればいいか」ということについて。
この質問はよく聞かれることの一つでもあります。

簡単な結論から言うと、インターネットを使うためにはインターネット回線と
プロバイダをそれぞれ別々に契約する必要があります。

まあこれは基本的な場合なので例外もあります。
というか最近では例外のほうが多いような気もしますが。

ではインターネットを使うために必要な「インターネット回線」と「プロバイダ」
それぞれの説明をもう少し詳しくしてみたいと思います。

インターネット回線とはインターネットに繋げるための回線

インターネット回線とはインターネットに接続するための回線です。
簡単に説明すると自宅からインターネットまでの道を作るために契約する回線です。

インターネット使うためにはまずそこに繋がる道が必要になるのです。
このつなげるための道がインターネット回線です。

そしてインターネット回線は個人が勝手に作ることが出来ないので、許可を持っている
企業と契約して使わせてもらうことが必要になります。

最近の主流は光回線ですが、光回線を設置しているのはNTTです。
このNTTと契約することでインターネット回線が使えるようになります。

これでインターネットに繋がる道ができたのですが、これだけではインターネットを
使うことは出来ません。

その理由は勝手にインターネットへの接続が出来ないから。

プロバイダとはインターネット接続を許可されている代行業者

インターネット回線業者と契約してインターネットに繋がる回線が出来たとしても
インターネットに接続させるにはやはり許可が必要になります。

そしてインターネット接続許可はやはり個人で勝手に取ることが出来ないので
こちらでも許可をもらっている接続代行業者と契約することが必要です。

このインターネットへの接続代行業者が「プロバイダ」です。
プロバイダと契約すればインターネット接続が出来る様になるのです。

日本の大手プロバイダといえばOCNやBIGLOBEなどがあります。
昔からネット関係のサービスをしているSo-netや@niftyも有名です。

これらのプロバイダと契約することでインターネット接続が出来るようになります。
インターネット回線と合わせてやっとネット接続が出来るということです。

つまりインターネットを使うためにはそこにつながる「インターネット回線」と
接続業務を代行してくれる「プロバイダ」の両方の契約が必要になるのです。

インターネットの仕組みは閉鎖的ネットワークに繋がる世界的ネットワーク

そもそも「インターネット」とはどんなものなのでしょうか。
ここで簡単にインターネットの仕組みを確認してみたいと思います。

インターネットというのは簡単に言えば閉鎖された独自のネットワーク空間です。
特定のコンピュータを連結させて作った独自ネットワークのことです。

このネットワーク内に色々な情報などを載せたサイトを作っているのですが
独自ネットワークなので勝手に接続して内部を見ることが出来ません。

そこで国家資格を持った人だけがこのインターネットと言うネットワーク内に
接続できるようにしました。

資格をとることは一応個人でもできるのですが、とても難しく時間がかかるので
接続許可を持っている企業と契約して接続することが主流になりました。

この接続代行業者がプロバイダ、英語の提供者と区別するためにISP
インターネットサービスプロバイダ、と呼ぶ人も最近では多いようで。

そしてこのインターネットというネットワークは世界中から接続が出来るように
なっています。

ただしインターネットまでの通信経路、道のりはやはり使う人達が自分で
用意することが必要になります。

でもインターネットまでの通信経路を用意することができれば世界中どこからでも
インターネットを使うことができる様になるのです。

まあプロバイダと契約して接続業務を代行してもらう必要があるのですが。
そしてこのインターネットまでの接続経路がインターネット回線というわけです。

以前はインターネット回線といえばNTTだった

ではインターネット回線とはどんなものなのか。
先ほど説明したとおりにインターネットまでの接続経路ということになります。

もっと簡単に行ってしまえば自宅からネットワークに参加するための回線のことです。
最近では光回線が主流なのでこちらで説明します。

インターネットというのは閉鎖されたネットワークなのでそこにつながるまでの
道を自分で契約する必要があります。

まあ自宅のパソコンをインターネットへ接続するための回線、と思ってもらえれば
わかりやすいと思います。

光回線ならインターネット接続専用の光ファイバーを使ったケーブルを自宅まで
引っ張ってきて設置します。

場合によっては室内工事も必要になりますが、インターネット専用の回線なので
安定した高速通信が出来るという魅力もあります。

この光回線にパソコンを繋げばいいのですが、ネットワークに参加するためには
プロバイダと契約が必要です。

プロバイダがネットワークに参加するためのパスワードなどを管理しているので
それを使って認証許可されればネットワークに参加できるようになります。

このように通信回線を設置する必要があるので、基本的にインターネット回線は
通信事業者が多いです。

以前はインターネット回線に電話回線を使っていたのでNTTと契約していましたが
最近ではNTT以外の回線業者も多くなっています。

光回線にしてもNTTのフレッツ光以外にも使えるようになっています。

インターネット回線とプロバイダが同時に契約できるサービスも多くなった

さて今までは「インターネットを使うには回線とプロバイダを別々に契約する」と
説明してきました。

まあこれが基本なのですが、実は最近ではプロバイダとインターネット回線が
セットになったお得なサービスも多くなっています。

今まではインターネットを使うためには光回線のNTTのフレッツ光に契約をして
それを使うためのプロバイダとも契約をする必要がありました。

でも最近始まった光コラボというサービスでは、フレッツ光回線を使った
プロバイダ一体型の割引サービスを提供しています。

簡単に説明すると企業がフレッツ光回線をレンタルしてプロバイダとのセット料金で
安く契約できるようにしているサービスです。

例えばプロバイダが光コラボを提供している場合、プロバイダと契約すれば
レンタルしているフレッツ光も一緒に使えるようになります。

つまりインターネット回線とプロバイダを別々に契約する必要が無くなり
しかも別々に契約するよりも月額料金が安くなります。

企業によってはさらにお得なサービスもついているのでかなり魅力的なサービスとして
今とても注目されているのが光コラボです。

インターネット回線とプロバイダがセットでお得なのが光コラボ

では実際に光コラボとはどんなサービスなのか、日本最大級のプロバイダが提供する
光コラボを例にしてサービス内容を見てみます。

日本最大手と言われるプロバイダがOCNです。
こちらが行っている光コラボがOCN光です。

申し込みはOCNで受付をしていて、フレッツ光回線の契約も同時に行えます。
現状光回線が設置されていない場合には工事の申込みもOCNから行うことができます。

OCN光を戸建てでつかう場合には月額料金が5,100円です。
2年契約の割引がされていますが、回線とプロバイダの料金が含まれた金額です。

ちなみにフレッツ光の月額料金は戸建てなら5,000円程度、これにOCNのプロバイダ料金
1,100円が加わるのが今までのインターネット接続にかかる料金でした。

しかも月額料金が安くなるだけではなく光コラボ提供企業独自のサービスもあります。
特にスマホキャリアの光コラボはとても人気があります。

ドコモ光ならスマホの月額料金割引も出来る

ドコモ光という光コラボではプロバイダとインターネット回線のセット料金が
戸建てで月額5,200円から契約することができます。

さらに提供しているのがドコモなのでドコモのスマホを使っているユーザーが
ドコモ光をつかうとドコモのスマホ料金も割引されるサービスが使えます。

プロバイダとインターネット回線をセットにして割引、さらにスマホの月額料金も
割引されるのでかなり人気のある光コラボのようです。

この光コラボのようにプロバイダからインターネット回線の契約をしてもらえる
というサービスも最近ではかなり多くなっています。

回線とプロバイダを別々に契約する必要がない、というサービスが多くなっていて
それが回線業者とプロバイダを一緒に考えてしまう原因なのかもしれませんね。

光回線以外のインターネット回線もある

ちなみに現在のインターネット回線の主流は光回線と説明しましたが
現在でも光回線以外のインターネット回線は多くあります。

例えば以前使われていた電話線を使ったインターネット回線、ADSLは今でも
契約することができます。

ただしADSLで使っている電話回線はメタル回線という電話線で、最近では
電話線も光回線を使っている地域が多くなっています。

つまり今でもメタル回線を使っている地域、またはNTTがメタル回線を新しく
設置できるスペースが空いている地域のみ契約可能となります。

それから地方都市ではかなり普及しているケーブルテレビ回線を使っても
インターネットへの接続ができる様になっています。

ちなみにケーブルテレビ回線を使う場合はプロバイダがケーブルテレビ業者に
なるのでこちらもプロバイダと別に契約する必要がありません。

後はスマホなど電波を使ったインターネット回線もあります。
この電波を使ったインターネット回線もちょっと特殊なので説明しましょう。

モバイル通信もプロバイダからの契約だけで回線利用ができる

光回線のように固定された回線を使ってインターネット接続をする方法を
固定回線と呼んでいます。

これに対してスマホなど電波回線を使ってインターネット接続する方法を
モバイル通信と呼んでいます。

モバイル通信は電波の届く地域ならどこでもインターネット接続ができる
という魅力がありますが、地域によっては電波が入りにくいという場合も。

まあ最近ではかなり広く電波が届くようになり、ほぼ全国で利用できるようになった
と言われていますが。

そしてこのモバイル通信では基本的に回線業者が単独で契約をしていることがなく
多くの場合はプロバイダが回線契約も同時に行っています。

スマホの場合は回線業者がプロバイダ業務を行っていますが、こちらでも
回線契約だけをしてプロバイダは別に、という契約はできませんよね。

同じように電波を使ったインターネット接続をするモバイルルーターという
端末をつかう場合でも基本的にプロバイダ契約をすれば回線契約もできます。

こちらの場合もプロバイダに申し込みをして契約すれば回線契約はプロバイダが
代行してくれるので別々に契約することは出来ません。

基本はインターネット回線とプロバイダは別契約だけどセットがお得

インターネットの仕組みについて説明しましたが、なんとなくでもプロバイダと
インターネット回線の違いなどはわかってもらえたでしょうか。

まとめてみるとインターネットを使うためには基本的にインターネット回線と
プロバイダにそれぞれ契約する必要がある。

でも最近では割引サービスでプロバイダ一体型の回線契約が多くなっている。
しかもセット契約のほうがお得になる。

インターネット回線もプロバイダも、多くのサービスから選んで契約ができる
というのが現在の状況です。

契約のときには色々迷うと思いますが、私のおすすめは携帯キャリアの割引付きのセット。
トータルコストが下がってお得感が高いです。

-知って役立つネットの豆知識

Copyright© 即日開通でサクッとネット契約 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.